9月 08

第139話 「童謡『里の秋』、『蛍の光』に秘められた、日本の秘密と戦後70年」


Play

2015年8月放送分                                               

 

※今回は、祖母の夢と娘の愛がお送りします。

 

愛「おばあちゃん、『里の秋』っていう童謡知ってる?」

 

夢「『里の秋』? ああ、し~ずかな しずかな~♪っていう歌だったかね?」

 

愛「そう、それ。その歌、千葉県で教師をしていた斉藤信夫さんが作詞して、

最初は『星月夜』っていうタイトルで、2番までしか表に出てなかったんだよ。

本当は3番と4番があったんだけど、戦争を連想させる歌詞だったから、封印されてたんだって。

でも、敗戦後、復員兵を迎える歌を作って欲しいって依頼があって、

タイトルを『里の秋』に変えて、封印されてた3番を平和のイメージに書き換えて作ったんだよね」

 

 

夢「そうだったんだ。愛は良く知ってるね」

 

愛「今回のラジオで話してたんだけどね。戦争に関係する歌を紹介しながら、その歌に込められたエピソードとか、秘密とかについて話してたよ」

 

夢「へえ。8月は終戦記念日があったものね」

 

愛「そうなの。あとね、『里の秋』の他にも、あまり知られてない『蛍の光』の3番と4番の歌詞が、戦地に向かう日本人を慰めたっていわれてたとか、兵隊さんが歌ったドドイツの歌詞とかも紹介してた。

 あ、そういえば、『リリマルレーン』って知ってる?」

 

夢「ああ、懐かしいね。知ってるよ。世界的に人気になった、戦争に対して反対する気持ちを歌ったものだね。戦場の兵士が故郷の恋人を想う歌詞で、戦場に行く悲しさが伝わってくるんだよ」

 

愛「やっぱりおばあちゃんも聞いたことあるんだね。ラジオでも流してたよ。ねえ、おばあちゃん、私もう一回ラジオ聴いてみようと思うんだけど、一緒に聴こうよ」

 

夢「そうしようかね」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「民族が羨ましがる家庭、世界が羨ましがる民族の家庭となることを願うことが父母の心情である」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201509081640

8月 08

第138話 「胎内記憶の第一人者、池川明先生をゲストに、子どもの『胎内記憶』の謎にせまる!」


Play

2015年7月放送分                                               

 

※今回は、母の希と娘の愛がお送りします。

 

希「愛は、お母さんのお腹の中にいた時のこととか覚えてる?」

 

愛「覚えてないよ。でも、お腹の中にいた時のこと覚えてる子どもいるんだよね。

そういうのなんていうんだっけ、胎内……」

 

希「胎内記憶、でしょ」

 

愛「あ、それ!」

 

希「最近では調査とか研究で色々なことが分かってきてるのよ」

 

愛「そうなんだ。もしかして、今回のラジオのテーマって、胎内記憶?」

 

希「そうなのよ。愛はまだ聴いてなかったのね。今回はゲストが来られてたのよ」

 

愛「ゲストってどんな人?」

 

希「胎内記憶の第一人者で、産婦人科医の池川明先生。

2000年頃から、子供達を独自で調査し始めて、

「産まれる前の記憶」を持っている子供達の存在を明らかにしてきた先生よ。

「お母さん、おなかの中でも見ているよ」、

「子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた」とか、著書を多く出版しているの。

2013年に、胎内記憶を扱った「かみさまとのやくそく」っていう

ドキュメンタリー映画にも出演して、胎内記憶について解説してるのよ」

 

愛「すごいね。胎内記憶って謎が多いイメージだけど、色々と解明されてきてるのかもね」

 

希「スピリチュアルな領域かもしれないけど、池川先生からはサイエンス・スピリチュアルの観点でお話しされていたわ。子どもを持つ親としては興味深い内容だったわねえ」

 

愛「私も将来子どもを産むこと考えたら、聞いておきたい内容かも」

 

希「そうね。愛も聞いてみたらいいわ。そういえば、8月7日に池川先生の新刊、『生まれた意味を知れば、人は一瞬で変われる』が発売されるって言ってたからそれも読んでみたいわね」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「子女たちが、「我が父はいい! 我が母はいい! 

父さんと母さんが喜ぶのを見てうれしい」と言って誇れる所、

そこが子女たちの安息の巣である。父母の心情で生活する者は、そこに雑草が生えない」

さらに興味のある方に読んでいただきたいコラムです。

「小さな神様」からのメッセージ

http://www.uc-pr.org/columun201508/tainai-kioku/

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201508081632

7月 10

第137話「ALSと闘う藤田正裕さんの、心の叫びと魂のメッセージ」


Play

2015年6月放送分                                               

 

※今回は、父の明と息子の健がお送りします。

 

明「健、前にメディアで取り上げられていたアイスバケツチャレンジは何のためにやっていたか知ってるか?」

 

健「そりゃ知ってるよ。ALSの認知度をあげて、研究のための支援を得るためでしょ」

 

明「よく知ってたな。じゃあ、ALSはどんな病気かちゃんと知ってるか?」

 

健「ちゃんとではない、かも。体が動かなくなるんだよね」

 

明「簡単に言えばそうだが、ALSになった人がどんな思いを抱えているのか知ってみると胸が痛むよ。今回のラジオはALSをテーマにしてたんだ。ALSになった藤田正裕さんという方が書かれた『99%ありがとう ALSにも奪えないもの』っていう本から、藤田さんの心の叫びを紹介してたな」

 

健「ALSになった人の心の叫び、か」

 

明「ああ。藤田さんは大手外資系広告代理店で働いていて、2010年に体に異変が出始めたんだ。左腕に力が入らなくなったのをきっかけに、足にも症状が出てきたんだよ。それで検査を受けることになって、医師から言われたのが、筋委縮側索硬化症。ALSだったんだ」

 

健「突然そんな病名言われたらショックだな。俺だったらそうとう落ち込んで、家に引きこもっちゃいそう」

 

明「藤田さんもショックだったみたいだよ。でも、YoutubeでALSの映像をみたり、色々調べたりして、ALSと闘い始めたんだ。藤田さんはもともと性格が明るかったから励まし合う仲間もたくさんいて、ALSで身体を動かせなくなった今でも続いているんだ。体が動かせなくなるから、周りのサポートが必要なのがつらい反面、ブログを始めたら会ったことがない人たちから応援メールや手紙なんかが600通もきて、人の愛は凄いパワーだ、人間に生まれて良かったって手記の中で言ってたよ」

 

健「そっかあ。でも、病気と闘うって勇気がいるよね。きっと」

 

明「そうだな。今、藤田さんを応援するサポーターとして、俳優の風間俊介さんや、湘南の風のメンバーの若旦那さんたちがいて、色んな方面に応援が広がってるそうだよ。若旦那さんと藤田さんは、テレビ番組を通して知り合って「この命を賭けた闘いを伝えなければ」っていう、使命感から藤田さんの心の叫びにメロディーをつけて、藤田さんのための歌を作ったんだよ。「Happy Birthday to me」っていう歌なんだけど、一回聴いてみようかと思ってるんだ」

 

健「いいね。俺も聴きたい。でもその前に、ラジオ聴いて藤田さんのことと、ALSのことちゃんと知りたいな」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「私に押し迫るすべての苦難と試練は、それを通じて神様の過去の日々を正しく体恤(たいじゅつ)させるためのものである。ゆえに苦難が押し迫るときには、喜んで感謝しなければならない。それはすなわち、神様が私を愛してくださっている証拠である」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201507101625

6月 09

第136話 「トキとハンセン病ボランティアJIAが結ぶ、日中の平和友好ストーリー」


Play

2015年5月放送分                                               

 

※今回は、祖母の夢と孫娘の愛がお送りします。

 

愛「おばあちゃん、トキって見たことある?」

 

夢「あるよ。小さい時に、1回だけ見ただけどね。数がだいぶ減っていって、貴重なんだっておばあちゃんのお父さんに言われたよ」

 

愛「そうなんだ。天然記念物だもんね。おばあちゃんが見たトキは、純日本産だったのかな」

 

夢「そうかもしれない。でも、もう野生の純日本産は絶滅しちゃったんだよね」

 

愛「うん。今回のラジオで、日本と中国の友好がテーマだったんだけど、純日本産の最後のトキのストーリーも話してたよ。キンっていうメスのトキが最後だったんでしょ」

 

夢「そうだよ。キンちゃんが亡くなる前に中国からトキを借りたり、寄贈されたりして人工飼育を頑張って、日本で生まれたトキが増え始めたんだよね」

 

愛「トキって、小さい時にニュースで取り上げられてたイメージしかなくてよく知らなかったんだけど、ラジオ聴いて勉強になったよ」

 

夢「それはよかったね。今回はトキの話だけだったのかい?」

 

愛「他にも、中国のハンセン病回復者がいる村にボランティアしに行く『JIA』っていうワークキャンプの活動も紹介してたよ。このJIAの代表が、中国に移住した原田燎太郎(りょうたろう)さんっていう方なんだけど、『今はハンセン病回復者たちの体験談を記録することが一番重要な仕事です。大きな差別や偏見を乗り越えてきた話を聞くことで、学校では習えない社会の生の声とか教訓を得ることができます』って言ってたよ」

 

夢「ハンセン病は差別がひどかったから、傷ついてる方も多くいらっしゃるだろうね。中国に行ってその方々の力になってる日本人がいると思うと誇らしくなるよ」

 

愛「そうだね。ねえ、おばあちゃんまだラジオ聴いてないんだよね。もう一回聴きたくなっちゃったから、一緒に聴かない?」

 

夢「そうしようかねえ」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「お互いために生きながら、共に生きることがまさに宇宙の原理です。今のように、民族同士、宗教同士が相互に罵り合って争うことが続くとすれば、人類に未来はありません。希望のない世界、愛のない世の中を治療しようとしたら、私たちはもう一度、幼い頃の純粋な心に戻るしかありません」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201506091621

5月 06

第135話 「美智子皇后のロイヤルウエディングをお祝いして」


Play

2015年4月放送分                                              

 

※今回は、母の希と父の明がお送りします。

 

希「明さん。4月10日が、今上天皇と美智子皇后両陛下のご結婚記念日だって知ってた?」

 

明「え、あー、うん。もちろん……」

 

希「知らなかったって顔ね。今回のラジオで言ってたわよ。美智子皇后のロイヤルウエディングをお祝いするって意味で、美智子様について話してたの」

 

明「ああ、なるほど。そういえば美智子様は民間で初めての皇后様だったな。確か、美智子様が皇太子の明仁殿下とご結婚される時、ミッチーブームが起こったんだよ」

 

希「そうなの。でも、美智子様は皇太子妃の責務の重さから、何度かご結婚をご辞退されてたらしいの。だけど、皇太子殿下が美智子様に電話をして言葉をかけたりして、不安をとかれていったのよ。それえ、すべてを受け入れてご結婚を決意されたんだって」

 

明「そんなことがあったのか。そんな誠実な皇太子殿下だからこそ、美智子様は皇太子妃になられたんだな。おふたりの仲睦まじい姿を見てると、心が和まされるよな」

 

希「そうよねえ。それから、美智子様は乳母制度を廃止したり、ご自身の手で子育てして、手料理を作ったりして、これまでの慣例を破って色んな改革を行っていきながら、庶民的な家庭を築いていかれたんですって」

 

明「すごいな。さすがは美智子様だ」

 

希「そうそう。後半には、あまり知られていない美智子様と愛娘の、紀宮清子様との、母と娘の愛の絆を紹介してたわ。紀宮様は黒田慶樹さんに嫁いで、皇籍を離れて黒田清子さんとなられたんだけど、美智子様は、いずれこういう日が来ることを想定して、家事も公務もこなせる、自立した女性へとお育てになられてたんですって。

それでも、ご縁談が決まった紀宮様が少なからず不安を感じていたみたいで、嫁ぐ日に美智子様は、紀宮様を胸元に抱き寄せて「大丈夫よ、大丈夫よ」って、何度も優しく語りかけていらしたの。愛情深い母の姿って感じよね」

 

明「確かに。慈愛に溢れていらっしゃるんだな」

 

希「他にも美智子様のエピソードがいくつかあったから、明さんも聴いてみたら?」

 

明「そうするかな」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「家庭は天国の母体であり、理想は愛にある。宗教の最高の目的は、真なる家庭建設にある」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201505061614

古い記事へ «

» 新しい記事へ