Category Archive: ラジオ・アーカイブ

1月 13

第143話 「戦後70年を振り返る歴史シリーズ2 ー敗戦焼け跡からの復興から高度成長前夜まで」


Play

2015年12月放送分                                              

 

※今回は、祖母の夢と孫の愛がお送りします。

 

愛「おばあちゃん、今回のラジオもう聴いた?」

 

夢「まだ聴いてないよ。今回で2015年最後なのかい?」

 

愛「うん。夏休みに放送された戦前、戦中シリーズのパート2で、音楽、語り、ニュースとかで戦後70年の日本を振り返るっていう内容だったよ。昭和20年代中心の記録ニュースを抜粋したりしてたよ。あ、そうだ。NHKの竹脇昌作さんの『以上、パラマウントニュースがお送りしました』っていうの覚えてる?」

 

夢「ああ、懐かしいね。昭和の風物詩みたいなものかもねえ」

 

愛「やっぱりそうなんだ。昭和32年には、南極大陸に昭和基地を開設したすがすがしいニュースもあった

んだよね。でも、戦後すぐの昭和20年は大変な時だったんだね。作詞家の清水みのるさんが、東京日々

新聞の投書欄に送られてきた、女性の手記を読んで一晩で歌詞を書いた『星の流れに』っていう曲知って

る? 戦後の中で大変な苦労をしてきた女性なんだよね」

 

夢「その曲はもちろん知ってるよ。女性の手記がもとになったことは知らなかったねえ」

 

愛「そっか。他にも、戦争犯罪者としてフィリピンのモンテンルパ刑務所にいた、日本人死刑囚の白田銀太郎さんが書いた『あぁモンテンルパの夜は更けて』っていう詩が名曲になったんだよね。不当な現実を内地の日本人に伝えるためにこの歌を作ったんだって」

 

夢「『モンテンルパの夜は更けて つのる思いにやるせない

遠い故郷しのびつつ 涙に曇る月影に 優しい母の夢を見る』

こんな歌だったかね。悲しく切なくなる歌だよねえ」

 

愛「そうだね。私は戦争とかよく知らないから、こうやってニュースの音声とか、曲とか、詩でその時代のことを知れるのはためになるなあ」

 

夢「愛たちは知らない時代だもんね。おばあちゃんからしたら懐かしい時代でもあるからねえ」

 

愛「おばあちゃんも一緒にラジオ聴こうよ」

 

夢「そうするかね」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「生きるということは、悪の要素を除いて善の要素の本質へ接ぎ木することである。悪は制裁を受けるが、善は制裁を受けない」

 

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201601131666

11月 10

第141話 「御嶽山噴火・遺族からの追悼のメッセージ &『世界津波の日』津波から村人を救った『稲むらの火』と濱口梧陵」


Play

2015年10月放送分                                              

 

※今回は、母の希と娘の愛がお送りします。

 

希「愛、次の休みの日空けといてね」

 

愛「何で?」

 

希「お父さんが、皆で紅葉狩り行こうって。健にも言っておいてよ」

 

愛「紅葉狩りね。もうきれいに色づいてるかな?」

 

希「色づき始めもきれいじゃない。この時期って、自然の美しい景色を見たくなるのよね」

 

愛「でも、秋って自然災害多くない? 先月の関東・北海道の集中豪雨大変だったし、去年は御嶽山の噴火で死者・行方不明者63人の大惨事があったし、そういう自然災害に気を付けないといけない時だよ」

 

希「そうね。確か10月13日は国際防災の日だったし、11月5日は津波防災の日なのよね」

 

愛「詳しいね。もしかして今回のラジオ聴いた?」

 

希「聴いたわよ。御嶽山で亡くなった方に宛てたご遺族からのメッセージと、後半では津波防災の日のきっかけになった、紀伊半島から四国沖が震源地だった安政南海地震の時、紀伊国広村の村人たちのために尽くした濱口梧陵さんのことを紹介してたの」

 

愛「濱口梧陵さんってヤマサ醤油の7代目当主でしょ」

 

希「あら、よく知ってるわね」

 

愛「私もラジオ聴いたの。前半の追悼のメッセージはご遺族の悲しさが伝わってきたけど、それでも悲しさを乗り越えてこの1年を過ごしてこられたんだよね。もうこんな悲惨な災害は起きてほしくないな」

 

希「本当にね。後半の、地震後の津波被害も大変なものだったでしょ。1854年に起きたマグニチュード8.4の地震の後、津波の被害から助かるためには、高台に逃げないといけない。でも、日が沈んで暗闇だったから高台までの道が分からなくなってて。そこで濱口梧陵さんはみんなを助けるために、田んぼの脇に積まれている稲村に火をつけて、高台までの道しるべにしたのよ」

 

愛「そのおかげで犠牲になった人は少なかったんだよね。でも、津波が引いた後の被害も大きくて、家も畑もお米もなくなって。濱口梧陵さんはそんな中でも隣村にお米を借りに行って村人に分けたり、色々な手を使って資金援助をしたり、濱口家で資金を出して堤防を作ったりして、本当に村人のために生きた人だよね」

 

希「ええ。そんな人がいたっていうのが凄いわ。紅葉狩りに行く前に家族みんなでラジオ聴いてから行こうかしら」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「天国に行ける人よりも、天国を築ける人でなければならない。天国に行ける人は、神様に頼ろうとする人であり、天国を成せる人は、神様の頼りとなってあげようとする人である」

 

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201511101652

9月 08

第139話 「童謡『里の秋』、『蛍の光』に秘められた、日本の秘密と戦後70年」


Play

2015年8月放送分                                               

 

※今回は、祖母の夢と娘の愛がお送りします。

 

愛「おばあちゃん、『里の秋』っていう童謡知ってる?」

 

夢「『里の秋』? ああ、し~ずかな しずかな~♪っていう歌だったかね?」

 

愛「そう、それ。その歌、千葉県で教師をしていた斉藤信夫さんが作詞して、

最初は『星月夜』っていうタイトルで、2番までしか表に出てなかったんだよ。

本当は3番と4番があったんだけど、戦争を連想させる歌詞だったから、封印されてたんだって。

でも、敗戦後、復員兵を迎える歌を作って欲しいって依頼があって、

タイトルを『里の秋』に変えて、封印されてた3番を平和のイメージに書き換えて作ったんだよね」

 

 

夢「そうだったんだ。愛は良く知ってるね」

 

愛「今回のラジオで話してたんだけどね。戦争に関係する歌を紹介しながら、その歌に込められたエピソードとか、秘密とかについて話してたよ」

 

夢「へえ。8月は終戦記念日があったものね」

 

愛「そうなの。あとね、『里の秋』の他にも、あまり知られてない『蛍の光』の3番と4番の歌詞が、戦地に向かう日本人を慰めたっていわれてたとか、兵隊さんが歌ったドドイツの歌詞とかも紹介してた。

 あ、そういえば、『リリマルレーン』って知ってる?」

 

夢「ああ、懐かしいね。知ってるよ。世界的に人気になった、戦争に対して反対する気持ちを歌ったものだね。戦場の兵士が故郷の恋人を想う歌詞で、戦場に行く悲しさが伝わってくるんだよ」

 

愛「やっぱりおばあちゃんも聞いたことあるんだね。ラジオでも流してたよ。ねえ、おばあちゃん、私もう一回ラジオ聴いてみようと思うんだけど、一緒に聴こうよ」

 

夢「そうしようかね」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「民族が羨ましがる家庭、世界が羨ましがる民族の家庭となることを願うことが父母の心情である」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201509081640

8月 08

第138話 「胎内記憶の第一人者、池川明先生をゲストに、子どもの『胎内記憶』の謎にせまる!」


Play

2015年7月放送分                                               

 

※今回は、母の希と娘の愛がお送りします。

 

希「愛は、お母さんのお腹の中にいた時のこととか覚えてる?」

 

愛「覚えてないよ。でも、お腹の中にいた時のこと覚えてる子どもいるんだよね。

そういうのなんていうんだっけ、胎内……」

 

希「胎内記憶、でしょ」

 

愛「あ、それ!」

 

希「最近では調査とか研究で色々なことが分かってきてるのよ」

 

愛「そうなんだ。もしかして、今回のラジオのテーマって、胎内記憶?」

 

希「そうなのよ。愛はまだ聴いてなかったのね。今回はゲストが来られてたのよ」

 

愛「ゲストってどんな人?」

 

希「胎内記憶の第一人者で、産婦人科医の池川明先生。

2000年頃から、子供達を独自で調査し始めて、

「産まれる前の記憶」を持っている子供達の存在を明らかにしてきた先生よ。

「お母さん、おなかの中でも見ているよ」、

「子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた」とか、著書を多く出版しているの。

2013年に、胎内記憶を扱った「かみさまとのやくそく」っていう

ドキュメンタリー映画にも出演して、胎内記憶について解説してるのよ」

 

愛「すごいね。胎内記憶って謎が多いイメージだけど、色々と解明されてきてるのかもね」

 

希「スピリチュアルな領域かもしれないけど、池川先生からはサイエンス・スピリチュアルの観点でお話しされていたわ。子どもを持つ親としては興味深い内容だったわねえ」

 

愛「私も将来子どもを産むこと考えたら、聞いておきたい内容かも」

 

希「そうね。愛も聞いてみたらいいわ。そういえば、8月7日に池川先生の新刊、『生まれた意味を知れば、人は一瞬で変われる』が発売されるって言ってたからそれも読んでみたいわね」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「子女たちが、「我が父はいい! 我が母はいい! 

父さんと母さんが喜ぶのを見てうれしい」と言って誇れる所、

そこが子女たちの安息の巣である。父母の心情で生活する者は、そこに雑草が生えない」

さらに興味のある方に読んでいただきたいコラムです。

「小さな神様」からのメッセージ

http://www.uc-pr.org/columun201508/tainai-kioku/

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201508081632

6月 09

第136話 「トキとハンセン病ボランティアJIAが結ぶ、日中の平和友好ストーリー」


Play

2015年5月放送分                                               

 

※今回は、祖母の夢と孫娘の愛がお送りします。

 

愛「おばあちゃん、トキって見たことある?」

 

夢「あるよ。小さい時に、1回だけ見ただけどね。数がだいぶ減っていって、貴重なんだっておばあちゃんのお父さんに言われたよ」

 

愛「そうなんだ。天然記念物だもんね。おばあちゃんが見たトキは、純日本産だったのかな」

 

夢「そうかもしれない。でも、もう野生の純日本産は絶滅しちゃったんだよね」

 

愛「うん。今回のラジオで、日本と中国の友好がテーマだったんだけど、純日本産の最後のトキのストーリーも話してたよ。キンっていうメスのトキが最後だったんでしょ」

 

夢「そうだよ。キンちゃんが亡くなる前に中国からトキを借りたり、寄贈されたりして人工飼育を頑張って、日本で生まれたトキが増え始めたんだよね」

 

愛「トキって、小さい時にニュースで取り上げられてたイメージしかなくてよく知らなかったんだけど、ラジオ聴いて勉強になったよ」

 

夢「それはよかったね。今回はトキの話だけだったのかい?」

 

愛「他にも、中国のハンセン病回復者がいる村にボランティアしに行く『JIA』っていうワークキャンプの活動も紹介してたよ。このJIAの代表が、中国に移住した原田燎太郎(りょうたろう)さんっていう方なんだけど、『今はハンセン病回復者たちの体験談を記録することが一番重要な仕事です。大きな差別や偏見を乗り越えてきた話を聞くことで、学校では習えない社会の生の声とか教訓を得ることができます』って言ってたよ」

 

夢「ハンセン病は差別がひどかったから、傷ついてる方も多くいらっしゃるだろうね。中国に行ってその方々の力になってる日本人がいると思うと誇らしくなるよ」

 

愛「そうだね。ねえ、おばあちゃんまだラジオ聴いてないんだよね。もう一回聴きたくなっちゃったから、一緒に聴かない?」

 

夢「そうしようかねえ」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「お互いために生きながら、共に生きることがまさに宇宙の原理です。今のように、民族同士、宗教同士が相互に罵り合って争うことが続くとすれば、人類に未来はありません。希望のない世界、愛のない世の中を治療しようとしたら、私たちはもう一度、幼い頃の純粋な心に戻るしかありません」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201506091621

古い記事へ «

» 新しい記事へ