Category Archive: 未分類

3月 08

第70話「太陽の塔、ひまわり。岡本太郎とゴッホからみる、真実と美の完成の芸術」


Play

2012年3月第1週放送分

 

※今回は、父の明と、母の希がお送りします。

 

明「芸術は爆発だ!」

 

希「どうしたの、いきなり? ビックリするじゃない」

 

明「岡本太郎だよ。知ってるだろ、流行語にもなったこのセリフ」

 

希「知ってるけど、何で今なの?」

 

明「2月26日は、岡本太郎の誕生日なんだよ」

 

希「一週間ぐらい前だけどね。でも、何年に生まれたの?」

 

明「1911年だから、今から102年も前だな。それでも岡本太郎の芸術性は、今に受け継がれてるんだよ」

 

希「今まで芸術のことなんて、全然口にしなかったのに。今回のラジオは岡本太郎のこと紹介してたの?」

 

明「ああ。岡本太郎の生い立ちとか、名言とかな。後、ゴッホについても紹介してたぞ」

 

希「ゴッホっていえば、ひまわりが代表作よね。それに、日本でも絵画展やってたわよね」

 

明「ゴッホは、相当大変な人生を歩んできたんだよ。今ではこんなに有名になって、絵画も素晴らしいって言われてるけど、生前売れた絵はたった2枚だけ。しかも、最後は自殺だ。本当に苦しかったんだろうな」

 

希「だけど、仲の良かった弟がいたってイメージがあるけど」

 

明「まあな。弟についても、少しふれてたぞ。弟に宛てた手紙も紹介してたな」

 

希「私もラジオ聴いてみようかしら。

そうだ!ねえ、今度絵画展行きましょうよ。たまには芸術に触れるのもいいでしょ?」

 

明「それもそうだな」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「芸術は、神様の創造に偉業に似ています。神様が人間に、芸術家自らが渾身の力を注いだ作品は、死力を尽くした後に誕生した創造の結実です」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201303081199

2月 27

第69話「ロマン溢れる、日本国神話。 日本の伝統、神話の世界へご招待します!」


Play

2012年2月第4週放送分

 

※今回は、祖母の夢と、娘の愛がお送りします。

 

夢「愛、今日は何日だい?」

 

愛「えっと、2月11日…建国記念日だ!」

 

夢「そうだねえ。建国記念日だったね」

 

愛「そういえば、ラジオでも建国記念日の話ししてたよ。日本の神話の話し」

 

夢「古事記とか日本書紀に書かれてあるお話しだね。愛は、知っている話しはあるかい?」

 

愛「イザナギノミコトとイザナミノミコトの、日本ができる一番初めの話しくらいかな。

おばあちゃんはもっと知ってるの?」

 

夢「ええ。古事記と日本書紀は一通り読んだんだよ。ラジオではどんなお話しをしてたんだい?」

 

愛「大国主命(オオクニヌシノミコト)のお話しが中心だったよ。

兄弟の80人の神様、八十神とか、スサノオとか、正妻のスセリ姫とかの話しだったよ」

 

夢「ああ、懐かしいねえ」

 

愛「まだ話しの内容覚えてるの?」

 

夢「覚えているよ。昔読んだものでも、中々忘れられないもんなんだよ」

 

愛「へえ、そうなんだ。」

 

夢「ばあちゃんもラジオ聴こうかね」

 

愛「じゃあ、一緒に聴こう」

 

夢「そうだねえ」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「我々は、悲しい歴史を相続したとしても子孫の前には希望の歴史をわたしてあげようと努力するものとならなければならない」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201302271191

2月 20

第68話「命をつなぐ救命救急 ~最前線で大活躍のドクターヘリ~」


Play

2012年2月第4週放送分

 

※今回は、祖母の夢と、息子の健がお送りします。

 

夢「ただいま」

 

健「おかえり。ばあちゃん、どこ行ってたの?」

 

夢「お友達のお見舞い。1週間前に災害に巻き込まれて、入院しちゃったんだよ。

  その時は本当に大変だったらしいんだけど、今はだいぶ良くなってたから、安心したよ」

 

健「災害って、この前ニュースでやってた土砂崩れ?」

 

夢「そう。話しを聞いたときは、もうびっくり。早く退院できればいいんだけどねえ」

 

健「そうだね。ねえ、ばあちゃん。その友達って、もしかしてドクターヘリで搬送されたの?」

 

夢「ドクターヘリ? なんだい、それ」

 

健「事故とか災害の救急時に、かけつけるヘリコプターのことだよ。

救急車と違って、医者と看護師が一緒に乗ってるから、その場で処置ができるんだってさ」

 

夢「健は、よく知ってるね。そんなのがあるなんて知らなかったよ。

  あ、そういえば、お友達のご家族の方が、ヘリコプターで運んでくれたって言ってたねえ」

 

健「じゃあ、それがドクターヘリだ。ドクターヘリってかっこいいよなあ」

 

夢「健、もしかして今回のラジオで、ドクターヘリのことを言っていたんじゃないのかい?」

 

健「うん。ばあちゃん、まだ聴いてなかったんでしょ。よく分かったね」

 

夢「それだけドクターヘリの話しをしてたら分かるよ。ばあちゃんも聴いてみようかね。

 

健「またお見舞いに行った時に、友達にドクターヘリの話しをしてあげれば? 

  友達もヘリのとこと知らないんでしょ?」

 

夢「そうだね。明日にでも、また行って、話しをしてこなきゃね。健、もう一回一緒に聴かないかい?」

 

健「うん、いいよ。今再生するから、ちょっと待ってて」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「責任をもって仕事をするときは、自分の力量が量られる瞬間であり、審判を受ける期間であると思いなさい」

 

 

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201302201185

2月 14

第67話「キング牧師」と「アメージンググレイス」


Play

2012年2月第3週放送分

 

※今回は、父の明と、母の希がお送りします。

 

希「ねえ、明さん。今日お休みよね?」

 

明「そうだけど?」

 

希「久しぶりに、映画でも観にいかない?」

 

明「映画? 今何か、観たいのでもあるのか?」

 

希「ええ。『レ・ミゼラブル』観たいなあって思って」

 

明「『レ・ミゼラブル』か。そういえば、洋画NO,1ヒットで、色んな賞とかとってるんだよな」

 

希「そうなの。それに、今回のラジオでも『レ・ミゼラブル』のことを話してたから余計、観に行きたくなっちゃって」

 

明「今回は、『レ・ミゼラブル』の話しなのか?」

 

希「そうじゃないんだけど、最初の方でちょっとだけ触れてたの。

今回は、人種差別の問題に立ち向かったキング牧師と、ゴスペル音楽についての話しだったのよ。

『レ・ミゼラブル』にも牧師さんが出てくるでしょ? その牧師さんも、キング牧師も深い愛と

あつい信仰心を持ってるのよ。それに、ゴスペルも神様への賛美を捧げるためにできた音楽で、ラジオではアメージング・グレイスの原文の歌詞と翻訳された日本語の歌詞を紹介してたわ」

 

明「それは、聴いてみたい。映画行く前に、ラジオ聴きたくなったな。

ラジオ聴いてから行かないか?」

 

希「そうね。まだ時間あるし、一緒に聴きましょう。

  今日は楽しいお休みになるわよ、きっと」

 

明「そうかもな。それじゃあ、再生するぞ」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「歴史的な指導者となるためには、歴史と時代の難しい事にぶつかっても押し出すことのできる者とならねばならない。そしてどんな不利な事件も、良く利用することのできる者とならねばならない。そして、どんな不利な事件も、良く利用することを知る者とならねばならない。英雄とは、自分の敵を友人にすることができる人である」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201302141165

» 新しい記事へ