Category Archive: 未分類

1月 04

第113話「今上天皇傘寿を祝賀して 皇室の心温まるエピソード」


Play

2013年12月最終放送分

 

※今回は、祖母の夢と孫の愛がお送りします。

 

夢「今日は祝日だったかね?」

 

愛「そうだよ。天皇誕生日で休み。あ、そういえば、ラジオで皇室の歴史とか歩みとかを紹介してたよ」

 

夢「それは丁度いいね。どういう内容だったんだい?」

 

愛「えっとね、11月に天皇皇后両陛下がインドを53年ぶりにご訪問して、ガンジー廟やインド国際センターを見学してこられたんだけど、美智子皇后にとっても心に残る訪問だったんだって」

 

夢「どうして?」

 

愛「1998年にインドで開催するIBBY・児童図書評議会でスピーチをするために出席が決まってたんだけど、インドの核実験が直前に起きて取り止めになっちゃったから、今回の訪問で15年越しの想いが実ったんだって。それとね、天皇皇后両陛下は、海外をご訪問した時に児童関連施設を訪問して、現地の子どもたちと交流する時間を作られてるんだけど、11年前にブラジルで出会った、小児麻痺の手術を控えてた日系二世のゆりこちゃんが、今はすっかり回復してその姿をご覧になって喜ばれたんだって」

 

夢「そうかい。子どもたちにも関心を持っておられるんだね。他に、何か話してたかい?」

 

愛「後半はね、ご病弱だった大正天皇を陰で支えながら、福祉活動に力を注がれた貞明皇后のご足跡を紹介してたよ。貞明皇后は、九条道考公爵の四女に生まれて、生後間もなく農家に里子に出されて、九条の黒姫様って呼ばれるほど逞しく育ったんだって。でも、明宮嘉仁親王とご婚約を交わして、4人の親王をお生みになって、側室制度の廃止とか天皇の身の回りのお世話をなさったりとか、色んな宮中の改革を図られたんだって」

 

夢「貞明皇后は、夫の大正天皇を支えて国民の母として、慈悲深いお心で国民を守り続けてこられた方だったんだねえ」

 

愛「日本の近代史上、もっとも傑出した女性の一人だって作家の工藤美代子さんも言ってたんだって」

 

夢「愛、おばあちゃんにもラジオを聴かせておくれ」

 

愛「うん。一緒に聴こう」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「歴史を伝統的に保存しえる人には自由が与えられる。いつの時でも、その国の伝統を保存しえる国民にならねばならない」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201401041481

7月 14

第88話「神聖な夫婦の性」


Play

2013年7月第2週放送分

 

※今回は、父の明と母の希がお送りします。

 

希「明さん、今回のラジオ聴いた?」

 

明「いや、まだ聴いてないな」

 

希「あら、そうなの?じゃあ、丁度いいわ。今から私と聴きましょう」

 

明「え?もう寝る前だぞ」

 

希「いいじゃない。明日はお休みでしょ?」

 

明「まあ、そうだけど。そんなに聴かせたい内容なのか?」

 

希「ええ、とっても。今回のは、夫婦が一緒に聴くべき内容なのよ。私はそれを知らずに先に聴いちゃったけど、もう一回あなたと聴かなきゃって思ってね」

 

明「それで、どんな内容だった?」

 

希「一言であらわすなら、神性な夫婦の営みについて…かしら」

 

明「本当か?なんか気恥ずかしいな」

 

希「そんなことないわよ。円満な夫婦生活を送るには、必要不可欠な大事なことなんだから。ラジオではね、性についてオープンに語られる時代になるきっかけをつくったヴァン・ヴェルデ博士とか、日本の射国権博士の言葉とかを紹介してたんだけど、その言葉がぐっときたの~。あと、松田優作さんの奥さんの松田美由紀さんと、美容ジャーナリストの斉藤薫さんの、セックスの考え方には共感できたわね。やっぱり夫婦には、愛し合うこととして必要なのよねえ」

 

明「それはそうかもしれないけど、やっぱりオープンに言うのは、気が引ける部分もあるなあ。」

 

希「まあ、ラジオを聴いてみれば少しは気が変わるかもしれないわね。あ、そうそう。後半では、性と愛に関する悩みと、それに対する専門家の答えも紹介してたの。私も聴いててためになったわ。明さん、細かいところは聴けば分かるんだから、早く聴きましょう」

 

明「そんなに焦らなくても、今からちゃんと聴くから。再生するぞ」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「妻は夫を自分の父以上に愛さなければならない。夫はこの世の人が妻を愛することより劣ってはいけない。いかなる孝子が母を愛するより、より以上に愛しなさい。子供が母を愛するより、もっとその妻を愛しなさい。妻はまた子供たちが父を愛するより、もっとその夫を愛しなさい。それが理想的家庭である」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201307141311

6月 03

第82話「世界の共通語『モッタイナイ』6月5日は環境の日」


Play

2013年5月第5週放送分

 

※今回は、父の明と息子の健がお送りします。

 

明「健、6月5日は何の日か知ってるか?」

 

健「環境の日でしょ。授業で先生が言ってた」

 

明「知ってたのか。じゃあ、今、地球の環境問題は何があるか知ってるか?」

 

健「地球温暖化とか、大気汚染とか、環境汚染とかでしょ。

もしかして、今回のラジオは環境問題についての話だった?」

 

明「そうだ。環境問題について、知らなかったことの話もあってためになったぞ。

地球温暖化は、実は悪いことばかりではないという予想もあるらしいんだ。とはいっても、勿論温暖化の悪影響もある。悪影響については、学校で教わってるだろ。

他にも酸性雨で、スフィンクスの一部が溶けたり、森や湖が犠牲になったりしているんだ。

この問題の本質を堀り下げると、ゴミ問題に突き当たるんだよ。今は、ゴミにも色んな種類が増えたり、ゴミ自体が増えたりして、ゴミを捨てる場所がなくなってきてるんだ。

健、ゴミ問題は深刻なんだぞ。ゴミをなるべく出さないようにしないとな」

 

健「リデュース・リユース・リサイクルの『3つのR』でしょ。学校でもそういうポスター貼ってあるよ」

 

明「良い教育方針だな。じゃあ、その3つのRをひとつにした言葉が日本語にあるって知ってるか?」

 

健「何それ?」

 

明「『もったいない』だ。ケニアの環境大臣で、ノーベル賞受賞したワンガリ・マータイさんが、世界の共通語として訴えた言葉なんだ。もったいないの意味についても話していたんだが、改めて知って、深いなーって思ったな。健も聴いてみなさい。『もったいない』の日本人の精神に気付かされるぞ」

 

健「へえ。もったいないってそんなに良いイメージなかったなあ。なんかケチっぽい感じの言葉だと思ってたけど、そうじゃないんだ。俺もラジオ聴いてみよっかな」

 

明「ラジオ聴いたら後は実践だな。今日から『もったいない』・『3つのR』を実践していかないとな」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「アメリカが過去三年の間、イラク戦争につぎ込んだ費用がどのくらいになるかご存知ですか。約二十兆円に迫っています。なぜ私たちが、互いに殺しあう戦争に、このように途方もないお金をつぎ込む愚かな行為を続けなければならないのでしょうか。人類はもうこれ以上、戦争のために尊い命を犠牲にし、天文学的なお金を費やす悪業を繰り返してはなりません」

 

 「貴重な海洋資源である魚は世界では肥料としてしか使われない現状も問題です。また捕獲される魚の20%以上がそのまま捨てられています。私たちはそのようなことを見るたびにアフリカで飢え死にする人たちが思い浮かび、胸が痛みます。この資源を蒲鉾やソーセージにして、アフリカに持っていけば、どれほどいいでしょうか」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201306031278

4月 18

第76話熊本市動物愛護センター『殺処分ゼロを目指して』   動物実験・虐待の真実を知る


Play

2013年4月第3週放送分

 

※今回は、母の希と、息子の健がお送りします。

 

健「犬飼いたい!」

 

希「え?犬?」

 

健「うん。種類は何でもいいから。あ、猫もほしい」

 

希「猫も?どうしたのよ、そんな小学生みたいなこといって」

 

健「だってさ、一年に24万頭以上の犬や猫が殺処分されてるんだよ。人間が勝手に捨てたペットとか、街にいる野良たちが、何も悪くないのに殺されてるんだ。そんなの可哀想すぎるじゃないか」 

 

希「あら、よく知ってるわね。調べたの?」

 

健「調べたわけじゃないけど、ラジオで言ってたんだよ」

 

希「やっぱりラジオね。私も聴いたわよ。確か、熊本県の熊本市動物愛護センターでは殺処分率ゼロを目指してて、実際に実績出してるのよね。センター職員と所長さんの頑張りのおかげで、殺処分される犬や猫が救われてるって、凄いわよね。殺処分率を減らすことって、ペットを飼ってる人たちが責任を持ち続けることでも全然違ってくるはずだから、最初から飼えないペットを飼おうとするのは殺処分率を低くするのとは反対のことだと思わない?」

 

健「うっ・・・。やっぱり飼えないんだ・・・」

 

希「動物管理センターとかにいる犬や猫を飼ってくれる飼い主を探した方が、その子たちのためになるかもしれないわね。新聞に広告のせるとかあるみたいだけど、あなたにはあなたのできることをやりなさい。それが一番よ。やるからには責任持たないといけないけど、お母さんも手伝うわよ」

 

健「それもそうけどさ。あ、そういえば後半では、動物実験とか虐待にあってる動物を救う活動をしてるALIVEのこととか、『TAPS 動物の命を救う会』の代表の濱井千恵さんが主催したパネル展のことも紹介してたよね。俺、動物がそんな酷い目にあってること知らなかった。動物って人間が守って可愛がってあげないといけないのに」

 

希「そうね。きちんと関心もってあげないといけないわよね。ペットを飼いたくないわけじゃないけど、うちはペット禁止のマンションだからねえ。やっぱり、私たちができる身近なことから、始めることよね」

 

健「うん。小さなことからでもね。何かできることないか調べてみようかな」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「神様はこのすべての自然、生き物を人間のためにつくりました。それでは、つくった主人は、自分がつくるとき以上に人間が喜ぶことを願ってつくたでしょうか。いい加減に扱うようにつくったでしょうか。天地を創造した神様は、神様が創造するとき以上に愛し、喜べば、創造したこの天地のすべてを与えたいと思うのです。ですから、自然、生き物を愛し、物を愛しなさいというのです。これは生活に関する基本規約です」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201304181237

3月 21

第72話「究極の愛の行動、自己犠牲の心と日本人の精神のアイデンティティ       日本の歴史を振り返って」


Play

2012年3月第3週放送分

 

※今回は、母の希と、娘の愛がお送りします。

 

愛「お母さん、自己犠牲ってどう思う?」

 

希「え?いきなり難しいこと聞いてくるわね。どうしたの?」

 

愛「今回のラジオのテーマが自己犠牲だったんだけど、自分の命を犠牲にしてまで誰かのために生きるって、

すごいっていうか、何でそんなことまでできるんだろうって思って」

 

希「あら、本当にすごいテーマね。愛にはまだ早いんじゃない?」

 

愛「そうかも。だから、お母さんはどう思うのかなって思ったの」

 

希「そうねえ。自分の命が犠牲になっても構わないから、誰かを助けたいって思いは、確かに凄いわよね。

でも、そういう思いは人間誰でも持ってるんじゃないかな。愛する人のためとか、家族のためとか、

勿論お母さんだって、愛たちのためなら何だってしたいって思ってるわよ」

 

愛「そりゃあ、そうかもしれないけど、家族じゃなくて他人のために自分を犠牲にするって、普通の人じゃできないんじゃないかなって思うんだけど」

 

希「家族以外、か。そうね、その他人が、よっぽど愛する人とかじゃないと難しいかもね。

それでも自分の命を他人のために犠牲にできる人って、とても正義感があって素晴らしい人よね」

 

愛「うん、だよね。私もそう思う」

 

希「今回のラジオは、自己犠牲をした人を紹介してたの?」

 

愛「そう。2人いるんだけど、1人は、江戸時代の名張藤堂藩の、出間(いずま)村の福井文右衛門(ふくいぶんえもん)っていう代官で、もう1人は大正の小野さつきっていう女性の先生の話しだったよ。福井文右衛門は、村人たちのために・・・」

 

希「あー、待って!これから聴くから、その先は言わないで!楽しみが減っちゃうじゃない」

 

愛「えー、お母さんから聞いてきたんじゃん」

 

希「まあまあ。愛も、もう一回一緒に聴く?」

 

愛「うん、そうしよっかな。2回聴いた方が、自己犠牲についてもっと分かるかも」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「我々に与えられた使命が大きいほど、その使命に比例し、試練と闘争も大きいだろう。試練を闘争を恐れる者には、使命を授けることはできない」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201303211211

古い記事へ «

» 新しい記事へ