«

»

4月 04

Print this 投稿

第134話「青い目の人形が語る日米の友情」


Play

第134話 「青い目の人形の物語と原爆の悲惨さを伝える紙芝居で綴る、日本とアメリカの友情の歴史

 

2015年3月放送分                                               

 

※今回は、祖母の夢と娘の愛がお送りします。

 

愛「おばあちゃん、青い目の人形って知ってる?」

 

夢「アメリカから日本に送られてきたかわいいお人形さんのことだね。知ってるよ」

 

愛「おばあちゃんの家にもあったの?」

 

夢「おばあちゃんの家にはなかったけど、友達の家にあるのを見せてもらったことがあるんだよ。こっそりとだけどね」

 

愛「やっぱり、アメリカと戦争してる時は青い目の人形も敵だって思われてたから?」

 

夢「よく知ってるね。そうなんだよ。お人形さんにはなんの罪もないのに、かわいそうなことをしてたもんだよ」

 

愛「今回のラジオで青い目の人形のこと話してたんだ。松永昭正さんが書いた「あやと青い目の人形」っていう物語も紹介してたよ」

 

夢「そんな物語があったのかい?」

 

愛「うん。それと、原爆の悲惨さを伝えるために紙芝居を作ってる佐治麻希さんが作った『さくらの祈り』っていう紙芝居も取り上げてたよ」

 

夢「原爆の悲劇は絶対、忘れちゃいけないものだから、物語や紙芝居で伝えているっていうのは凄いことだね」

 

愛「おばあちゃんも今回のラジオ聴いてみる?」

 

夢「そうしようかねえ」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「宗教と民族の本質は悪いものではありませんが、それらは世界共同体に貢献してこそ価値があるのです。私の民族、私の宗教だけを絶対視して、他の民族と他の宗教を無視して非難するとすればその価値を失ってしまいます。お互いを認め合い、助け合って生きる。これが宇宙の真理です」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201504041609