«

»

2月 15

Print this 投稿

第119話「リメンバーアーカイブス:伝説の童謡詩人・金子みすず」


Play

2014年2月第2週放送分

 

※今回は、祖母の夢と孫の愛がお送りします。

 

愛「寒い~。あ、雪降ってるじゃん」

 

夢「おはよう、愛。ニュースで、積もるって言ってたよ。今日は出かける予定はあるのかい?」

 

愛「ううん、特にない。おばあちゃんは?」

 

夢「おばあちゃんもないよ」

 

愛「じゃあ、今日は家の中でゆっくり雪でも見とこうかな。

あ、そうだ。おばあちゃん、寝台特急『はやぶさ』号って知ってる?」

 

夢「東京と熊本を一本でつないだ電車だったかねえ?」

 

愛「そう、それ。2009年の3月13日まで運行してたんだけど、車掌さんの最後のアナウンスが感動的なんだよ。車掌さんが今まで出会ってきた乗客との思い出エピソードを涙ながらに話してるアナウンスの動画が、ネットでも人気あるんだよね」

 

夢「そうなのかい。愛はよく知っているね」

 

愛「う~ん、まあ、ラジオなんだけどね。おばあちゃん、今週のラジオ聴いてない?」

 

夢「今週のはまだ聴いてないよ」

 

愛「先週、再放送で人見絹枝さんの回を放送してたでしょ? 

今週も再放送で、24話の金子みすずさんの回を放送してたよ」

 

夢「ああ、覚えてるよ。金子みすずさんの回も良かったねえ。金子さんの生涯と作品も紹介してくれて。

また聴きたいと思っていたんだよ」

 

愛「じゃあ丁度良かったね。外は寒いから、家の中でラジオ聴いてゆっくりした方がいいよ。

私ももう一回一緒に聴こうかな」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「生命の源泉は、どこにあるのか。自分がもっている価値を知らずにいて、それが他の人の手に渡ると、もったいなく思って痛哭(つうこく)する、そのような者となってはいけない」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201402151526