Monthly Archive: 1月 2014

1月 27

第116話「日本のヘレンケラー中村久子と視覚障害福祉の功労者岩橋武夫の物語」


Play

2014年1月第3週放送分

 

※今回は、祖母の夢と娘の愛がお送りします。

 

愛「ねえ、おばあちゃん」

 

夢「なんだい?」

 

愛「岩橋武夫さんって知ってる?」

 

夢「えーと、誰だったかね?」

 

愛「視覚障害者の自立と社会参加を目的とした支援活動とか盲導犬普及活動を行ってる、社会福祉法人の日本ライトハウスの創立者で、岩橋さん自身も光を失っちゃったんだけど、視覚障害者への理解を社会に訴えたり、日本の視覚障害者福祉の礎を築いたんだよ。それで、あのヘレン・ケラーが来日する橋渡しをしたんだって」

 

夢「そうだったんだねえ。知らなかったよ」

 

愛「あんまり知られてないってラジオでも言ってたけど、重要な役割を果たした人なんだよね。ヘレン・ケラーと岩橋さんの手紙のやり取りとか紹介してて、二人の友情が伝わってきたよ。あと、岩橋さんの言葉も紹介してたんだけど、「闇は不幸であり、闇の世界であればこそ、感謝と希望への道が通ずる」っていうの、深い言葉だよね。

   あと、後半では日本のヘレン・ケラーって言われた中村久子さんのことを紹介してたんだけど、両手両足切断っていう悲痛な運命を背負いながらも、自分の力で人生を切り開いていったんだって」

 

夢「中村久子さんって、テレビとか映画で話題になっていた人だね」

 

愛「うん。中村さん凄い人だよね。20歳になってから興行の世界に入って芸を身につけたり、周りから嫉妬されて苦しんだけど、書道家の沖六鵬(おきろっぽう)さんの教えに励まされて努力するんだよ。そしたら、「婦女界」っていう雑誌に応募した手記が一等に選ばれて名前が全国に知れ渡ったんだって。

あと、中村さんが書いた「あるあるある」っていう詩も紹介してたんだけど、中村さんが障害から解き放たれた自由を得たっていう気持ちが表現されてるんだって。私には中村さんの気持ちは全部分からないけど、この詩、いいなあって思ったよ」

 

夢「おばあちゃんも聴いてみたいね」

 

愛「じゃあ、もう一回一緒に聴こうかな」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「一番悲しく口惜しく、無念な立場においても責任をもちなさい。そのような心をもって進めば、すべての試練が解かれる」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201401271505

1月 18

第115話「成人、結婚、出産、還暦……人生のお祝い事、励ましの感動メッセージ」


Play

    

2014年1月第2週放送分

 

※今回は、母の希と娘の愛がお送りします。

 

希「年末年始の忙しさもやっと落ち着いたわ」

 

愛「冬休み終わっちゃったから、また学校行かなきゃ~」

 

希「学生の本分はそれでしょ。あら、でも今日は授業ないの?」

 

愛「成人の日で休み」

 

希「ああ、今日は成人の日か。ラジオでも言ってたわね」

 

愛「ラジオ聴いたの?」

 

希「ええ。今回は、成人とか第二の成人の還暦とか、結婚に出産に、人生のおめでたいことに関するメッセージを紹介してたわよ」

 

愛「メッセージってどんな?」

 

希「新成人には、作家の伊集院静さんからの贈る言葉みたいなのを紹介したり、還暦夫婦の妻から夫へ、夫から妻へ宛てたラブレターとかもあったわね。それから、プロポーズの言葉で、勝新太郎さんと玉緒さん夫婦とか、芥川龍之介さんが妻の文子さんへ送ったプロポーズの言葉とか、天皇皇后ご夫妻の互いのことを想いあった恋の歌とかも紹介してたわ。やっぱりプロポーズの言葉って、どんなものでも、きゅんとしちゃうのよねえ」

 

愛「へえ。色々紹介してたんだ」

 

希「まだあったわよ。プロポーズされて結婚したら、次は子どもじゃない? 親から子へあてたメッセージと、水墨画家のひろはまかずとしさんの「いっこの人間としてあなたが好き」っていう著書の中から、子どもに対する温かいメッセージも紹介してたの。愛も聴いてみなさいよ。感動するわよ」

 

愛「うん。じゃあ、聴いてみようかな」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「妻は夫を自分の父以上に愛さなければならない。夫はこの世の人が妻を愛することより劣ってはいけない。子どもが母を愛するより、もっとその妻を愛しなさい。妻はまた子どもたちが父を愛するより、もっとその夫を愛しなさい。それが理想的家庭である」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201401181500

1月 11

第114話「好評!救命ドラマ ドクターヘリ&教え子のために殉難した小野さつき先生」


Play

2014年1月1日放送分

 

※今回は、一家全員でお送りします。

 

明「新年、明けましておめでとうございます!」

 

希「今年も、ハートフルメッセージ、そして私たち一家も宜しくお願い致します」

 

愛「2014年の第一回目のラジオは……」

 

健「新春スペシャルってことで、ライターの関さんと岸元さんが追い続けているテーマについて、

タズさんとトーク!」

 

愛「健、もう聴いたの?」

 

夢「テーマは何だい?」

 

健「72回目放送の「究極の愛の行動、自己犠牲の心と日本人の精神のアイデンティティ」の中から、小学校教師の小野さつき先生のことを、岸元さんが取材したりしながら追い続けてるんだって。あと、関さんは、68回目放送の「命をつなぐ救命救急~最前線で大活躍のドクターヘリ~」の中から、ドクターヘリのことを掘り下げてるって言ってた」

 

明「ライターさんとタズさんと3人で、それぞれのテーマのことをトークしてたんだな?」

 

健「そういうこと。あ、それからタズさんが、一回だけ特別にやったラジオドラマで、スタッフと一緒に演技したことが思い出に残ってるって話してたよ」

 

希「ああ、私と同じ名前の主人公の女の子と、そのお母さんを一人二役でやってたわよね。今年、またやってもらいたわあ」

 

夢「ラジオはまた今年も、楽しみだねえ」

 

愛「うん。また皆で聴こうよ」

 

明「そうだな。健は一回聴いたみたいだけど、どうする?」

 

健「俺も皆ともう一回聴くよ」

 

希「じゃあ、早速聴いてみましょう」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「希望というのは現実的なものではない。未来的な夢であるが、その希望が現実的なものとして現れたときには、より多くの価値の喜びをもつことができる」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201401111495

1月 04

第113話「今上天皇傘寿を祝賀して 皇室の心温まるエピソード」


Play

2013年12月最終放送分

 

※今回は、祖母の夢と孫の愛がお送りします。

 

夢「今日は祝日だったかね?」

 

愛「そうだよ。天皇誕生日で休み。あ、そういえば、ラジオで皇室の歴史とか歩みとかを紹介してたよ」

 

夢「それは丁度いいね。どういう内容だったんだい?」

 

愛「えっとね、11月に天皇皇后両陛下がインドを53年ぶりにご訪問して、ガンジー廟やインド国際センターを見学してこられたんだけど、美智子皇后にとっても心に残る訪問だったんだって」

 

夢「どうして?」

 

愛「1998年にインドで開催するIBBY・児童図書評議会でスピーチをするために出席が決まってたんだけど、インドの核実験が直前に起きて取り止めになっちゃったから、今回の訪問で15年越しの想いが実ったんだって。それとね、天皇皇后両陛下は、海外をご訪問した時に児童関連施設を訪問して、現地の子どもたちと交流する時間を作られてるんだけど、11年前にブラジルで出会った、小児麻痺の手術を控えてた日系二世のゆりこちゃんが、今はすっかり回復してその姿をご覧になって喜ばれたんだって」

 

夢「そうかい。子どもたちにも関心を持っておられるんだね。他に、何か話してたかい?」

 

愛「後半はね、ご病弱だった大正天皇を陰で支えながら、福祉活動に力を注がれた貞明皇后のご足跡を紹介してたよ。貞明皇后は、九条道考公爵の四女に生まれて、生後間もなく農家に里子に出されて、九条の黒姫様って呼ばれるほど逞しく育ったんだって。でも、明宮嘉仁親王とご婚約を交わして、4人の親王をお生みになって、側室制度の廃止とか天皇の身の回りのお世話をなさったりとか、色んな宮中の改革を図られたんだって」

 

夢「貞明皇后は、夫の大正天皇を支えて国民の母として、慈悲深いお心で国民を守り続けてこられた方だったんだねえ」

 

愛「日本の近代史上、もっとも傑出した女性の一人だって作家の工藤美代子さんも言ってたんだって」

 

夢「愛、おばあちゃんにもラジオを聴かせておくれ」

 

愛「うん。一緒に聴こう」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「歴史を伝統的に保存しえる人には自由が与えられる。いつの時でも、その国の伝統を保存しえる国民にならねばならない」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201401041481