«

»

11月 30

Print this 投稿

第108話「世界の偉人100人の中でただ一人選ばれた葛飾北斎と日本文化」


Play

2013年12月第1週放送分

 

※今回は、祖母の夢と孫娘の愛がお送りします。

 

愛「おばあちゃん、歌舞伎のこと詳しい?」

 

夢「とても詳しいって訳じゃないけど、たまに観にいったりするよ。愛も関心があるのかい?」

 

愛「う~ん、歌舞伎ってよく分かんないってイメージなんだよねえ。今週のラジオが、歌舞伎のこととか、日本の伝統や文化についての話で、おばあちゃんだったらそういうの詳しいかなと思って。「勧進帳」っていう歌舞伎のあらすじ紹介してたんだけど、知ってる?」

 

夢「ああ、源義経と弁慶の話だね。義経たちが兄の頼朝から逃げるために奥州へ行くとき、賀国の安宅の関所で富樫の検問を受けるんだよ。そこで弁慶が、東大寺を建てるための寄付を集めている勧進の僧だっていって、富樫から勧進帳を読めと言われたり、色々質問をされたりして、弁慶が上手く乗り切るけど、荷物持ちに変装していた義経が怪しいって疑われちゃうんだよね。でも、弁慶は義経を杖で殴って怒鳴ったんだよ。それで富樫は感服して通行を許可したって話し」

 

愛「すごーい、よく覚えてるね。やっぱり詳しいね、おばあちゃん。じゃあさ、葛飾北斎についても知ってる?」

 

夢「赤富士とか富嶽三十六景とかの浮世絵を書いた絵師でしょ? 葛飾北斎のことも紹介してたのかい?」

 

愛「うん。アメリカのライフ誌が企画した『この1000年間に偉大な業績をあげた世界の人物100人』で、葛飾北斎が画家として、日本人でただ一人選ばれたんだって。葛飾北斎って、幼い頃から絵画の才能があって浮世絵師の勝川春章に弟子入りするんだけど、浮世絵だけじゃなくて洋画にも手を出しちゃって、師匠から破門にされたんだってさ」

 

夢「へえ。そうだったんだね。でも、色んなジャンルに精通してるのが北斎の魅力だと思うよ」

 

愛「ラジオでも同じようなこと言ってたよ。それともう一つ、日本の伝統の造り酒屋についても紹介してたんだけど、葛飾北斎の門下生の高井鴻山が営んでた、造り酒屋が「桝一市村醸造場」っていう名前で今でも続いてるんだって。でも、この造り酒屋が経営難に陥ったときがあって、そのとき再建したのがセーラ・マリ・カミングスさんっていうアメリカ人女性だったの。セーラさん、欧米人で初めて「利き酒師」の資格を取得して、色々な改革を進めてるんだよ。すごいよね」

 

夢「そんな人がいたのかい? 日本の伝統を外国の方が守ってくれたんだね。日本も最近は欧米化が進んできて、伝統文化がすたれちゃうんじゃないかって心配になるけど、外国の人が助けてくれることもあるっていうのは感動するねえ」

 

愛「そうだね。でもやっぱり、自分の国の伝統文化は、自分たちで守っていかなくちゃって思うよ」

 

夢「おばあちゃんが知ってることなら何でも教えてあげるから、それを愛が、自分の子どもや孫たちに教えてあげなさい」

 

愛「うん!ちゃんと受け継がせていかないとだね」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「伝統は、風化作用によって変化しない。天孫的立場が絶対に確立されなければならない。伝統を忘却しないようにしよう。良心に立脚した伝統を確立しなければならない」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201311301451