«

»

9月 28

Print this 投稿

第99話「家庭内事件の最新レポート」


Play

2013年10月第1週放送分

 

※今回は、父の明と母の希がお送りします。

明「最近、東京招致のニュースで盛り上がってるよな。東京でオリンピックが開かれるなんて嬉しいよな」

 

希「ええ。それに、ニュースでもよくやってるけど、パラリンピアンの佐藤真海選手のプレゼンテーション、良かったわよねえ。片足を失っても前向きに、スポーツの力を感じてパラリンピアンになって、それから震災を乗り越えた体験談は、まさにハートフルメッセージよ」

 

明「そうだったなあ。あ、そういえば今回のラジオでも、イントロで東京招致のことを話してたぞ。佐藤真海選手のプレゼンテーションも紹介してたな」

 

希「そうなの? 旬な話題だものね。ねえ、イントロで東京招致のことを話してたってことは、今回の主な内容は違う話しだったの?」

 

明「ああ。今回はおめでたい話題とは逆に、今深刻化してる家庭家族間問題の現状と、それの解決、防止の話しだったよ。よくニュースでも殺人事件とか取り上げてるけど、その内親の子殺し、子どもの親殺しとかの親族間での殺人事件は52.3%もあるんだ。まさに家庭崩壊の危機だよな」

 

希「そんなに深刻だったなんて。家庭環境は大事なのに」

 

明「本当にそうだよ。でも、実際は、子ども虐待の件数が年間で55万件、老人虐待の件数が25万件もあるんだ。子どもや老人への身体的な暴力や言葉の暴力、それに夫から妻へのドメスティックバイオレスがある。その事例も紹介してたよ。耳を疑いたくなるようなものばかりだけど、これが現状だと思うとやりきれなくなるよ」

 

希「そうねえ。でも、こういう事件を未然に防ぐ方法とかないの?」

 

明「一番いいのは身近な人、親戚や隣人なんかに相談することらしい。それ以外にも、配偶者暴力相談支援センターとか、自治会や民生委員とかの、地域の市民も含んだ地域ネットワークが形成されてるから、そういった専門機関なんかを利用するといいみたいだ。ひとりで全部背負い込まないで、相談できる相手がいるだけでもいいんじゃないか」

 

希「確かにそうかも。子育てとか介護って自分に責任があるこを意識しすぎちゃって、大変なことでも全部ひとりで背負い込もうとしちゃうのよね」

 

明「だよな。あ、それから親が子どもへ暴力を降るうんじゃなくて、子どもが親を殺害するっていうケースも紹介してたよ。親からの勉学圧力とか、親の問題行動とかが原因になってるみたいだ。子どもも逃げ場がないと親に反抗するしかないから、そういう事件が起きるんだ。親には責任があるけど、子どもを愛して育てるっていう楽しみもある。それを忘れちゃいけないんだよな」

希「本当にそうね。家庭って本来どういうものなんだろうって考えさせられるわ。私も今回のラジオ聴いておかなくちゃ」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「男女がいくら愛し合っても、幸福な家庭を完成させるには、必ず家庭の囲いとなる父母がいて、大切にする子供がいなければなりません。家族という囲いがしっかりしているとき、その家庭は初めて幸福になります。いくら大きな社会的成功を収めたとしても、家族の囲いが崩れてしまえば不幸になってしまいます」

 

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201309281389