«

»

8月 10

Print this 投稿

第92話「夏の芸術家 山田かまちさん&いわさきちひろさん」


Play

2013年8月第2週放送分

 

※今回は、父の明と息子の健がお送りします。

 

明「いやあ、凄いな」

 

健「何が凄いの?」

 

明「今回のラジオだよ。あ、そういえば健も17歳だよな。かまち君と同じじゃないか」

 

健「かまち君? 誰?」

 

明「山田かまち君、17歳でこの世を去った天才アーティストだ。絵画に音楽に詩に、天才的な才能を発揮したんだ」

 

健「今回のラジオは、その山田かまちさんの話しだったの?」

 

明「あともうひとり、画家のいわさきちひろさんのことも話していたぞ。いわさきちひろさんは、戦争中に辛い体験をして、好きな絵も描けない時期があったそうだ。だけど、戦後にまた絵を描く仕事について、それから戦時下にある子どもたちへの愛と平和を願う、子どもの絵を描き続けたんだ」

 

健「へえ。そんな人たちがいたんだ」

 

明「山田かまち君の詩と、いわさきちひろさんのメッセージや、2人が影響を与えた人々のメッセージを紹介してたんだが、本人たちも素晴らしいが、与えた影響も素晴らしいものだったんだ。

健、夏休みに入ったんだから、かまち君の詩とか、いわさきちひろさんの絵をみてみたらどうだ?ためになると思うぞ」

 

健「うん。その前に俺もラジオ聴く」

 

明「ああ、そういえば、まだ聴いてなかったよな。父さんももう一回聴くかな」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「言葉を語らずとも言葉が通じ、彼らが生きてきた歴史を知らなくても、自然とその心がわかるようにする力が芸術にはあるのです」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201308101341