«

»

6月 22

Print this 投稿

第85話「テレビでおなじみムガールさんに聞くイスラムの話 Part1」


Play

2013年6月第3週放送分

 

※今回は、父の明と娘の愛がお送りします。

 

明「愛、イスラムに対してどんな印象を持っている?」

 

愛「いきなり何でイスラム? あ、もしかしてラジオ? 今回はイスラムについてだったの?」

 

明「確かにラジオだが、その話をする前に、ちゃんと答えて。愛はどんな印象をイスラムに持ってる?」

 

愛「そんなこと急に訊かれても。イスラムって、あんまりよく知らないけど、イスラム教っていったら厳しい感じがする。イスラム教って、断食とか、一日に5回も礼拝するとか、色々きまりがあるんでしょ。それに、イスラム教徒の過激派とかテロとかニュースでやってから、恐いってイメージがあるけど」

 

明「まあ、そういうイメージがあるのは仕方ないことかもしれないな。でも、そういう風な報道しかしらないと、イスラムに対して偏見を持ってしまうんだ。愛、今回のラジオにゲストで来られたH.A.ムガールさんの話を聞てみれば、イスラムに対して違った見方ができるぞ」

 

愛「H.A.ムガールさん?何をしている方なの?」

 

明「ムガールさんはパキスタン出身で、現地の大学では日本語を専攻して、それからパキスタン大使館で通訳をされて、九州大学に留学もされたんだ。日本とパキスタンとの民間外交官としてや、国際会議コーディネーター、通訳の活動をしていて、朝まで生テレビや特ダネなどのメディアでも活躍されているんだ。日本語はもちろんペラペラで、ユーモア溢れる話し方をされて、ラジオを聞きながら笑ってしまったよ」

 

愛「へえ。おもしろい方なんだね。ねえ、私でも簡単に分かる内容だった?」

 

明「もちろん。何もイスラムについて国際会議をするわけじゃないんだから。ただ、イスラム文化や、その教えはどういうものなのか、ムガールさんが笑いもまぜながら楽しくお話してくれるから、誰が聞いても分かりやすい内容だと思うぞ」

 

愛「だったら、さっそく聞いてみようかな。勉強にもなるもんね」

 

明「ちなみに、来週もムガールさんがゲストみたいだぞ。これを楽しみに一週間頑張るぞ!」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「万民を救おうとするならば、万民の境遇を理解しなければならない。その為には、その立場に立って考えねばならない」

 

番組からのお知らせです。

インターネットで「ムガールネット」と検索すると、今回のゲスト、H.A.ムガールさんの活動内容やその他の詳しい情報を見ることができます。

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201306221295