«

»

1月 11

Print this 投稿

第62話「2013年のスタート、新春特別版! 番組ライター&タズのフリートーク」


Play

2012年1月第2週放送分

 

※今回も、幸元一家全員でお送りします。

(父:明 母:希 娘:愛 息子:健 祖母:夢)

全員「明けましておめでとうございます。今年も番組を宜しくお願いいたします」

 

父「正月の三が日もあっという間に過ぎたなあ」

 

母「仕事始めももうすぐよね。それと、学校も」

 

愛「言わないでよー。まだレポート終わらせてないのに~」

 

健「俺もまだ宿題が・・・」

 

夢「まだ学校は始まらないんでしょう?早く終わらせちゃいなさい」

 

愛「そうなんだけどさあ。やっぱり3日すぎるまではやる気起きないんだよね」

 

健「そうそう」

 

母「まったく。学校始まるまでには、きちんと終わらせなさいよ」

 

父「まあまあ。いいじゃないか。それより、ラジオ聴かないか?

ほら、今回は新春特別版で、ライターさん2人とタズさんのフリートークみたいだぞ」

 

夢「あら、どんなお話しをしてるのかねえ?」

 

愛「ライターさんだから、台本書くときの裏話とか?」

 

健「番組の裏話みたい?おもしろそうじゃん」

 

母「そうね。聞いてみましょう」

 

父「愛と健も、ラジオを聴いてから宿題をすればいいんじゃないか?」

 

愛「うん。そうする」

 

健「俺も。父さん、早く再生して」

 

父「ああ」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「説教は血を流し、涙を流し、汗を流した生活の御言葉である。

また、率直に語り真実に行動する時、善は決定される」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201301111101