Monthly Archive: 12月 2013

12月 28

第112話「二大教育者の秘話 福沢諭吉と両親の愛 津田梅子を支えた人々」


Play

2013年12月第5週放送分

 

※今回は、父の明と娘の愛がお送りします。

 

明「愛、諭吉さんと梅子さんについてちゃんと知ってるか?」

 

愛「え? 諭吉さんって『学問のすすめ』の福沢諭吉のこと? 梅子さんって誰?」

 

明「女子英学塾、今の津田塾大学を建設した津田梅子さん」

 

愛「津田梅子って、確か岩倉使節団で最年少で留学した人だよね。あ、もしかして今回のラジオ?」

 

明「そうだ。日本の教育を導いた諭吉さんと梅子さんのことを話してたんだ」

 

愛「そうだったんだ。でも、教科書で大体のことは知ってるよ」

 

明「何言ってるんだ。このラジオが、誰もが知ってることをわざわざ言うわけないだろう。2人に影響を与えて支えた人たちのことを紹介してたんだよ。諭吉さんの両親についてはあんまり知らないだろ。諭吉さんの父、百助さんは学問に興味があって、学者として身を立てたいと願っていたんだが、ずっと藩の会計係。諭吉さんが幼い頃、病で亡くなって、結局夢は叶えられなかった。まあ、封建制度の時代じゃあ、百助さんの夢は叶わなかったんだが。百助さんは諭吉さんに、坊さんになって世に名を残してほしいと願っていた。その思いを汲み取った諭吉さんは、『門閥制度は親の敵でござる』って言うほど、百助さんへの悲しみの思いがずっと胸の中にあったんだ」

 

愛「諭吉さんのお父さんのこと、初めて知った。お父さんの無念と願いを汲み取って、日本の教育に力を注いだんだね」

 

明「そういうことだ。それと梅子さんだが、女子のための学校を建てるっていう目標は、岩倉使節団で一緒に留学した山川捨松さんと二人で夢見ていたことだったんだ。それと、捨松さんのホストシスターの、アリス・メイブル・ベーコンさんにも、捨松さんがその夢の話をして、建設する学校でアリスさんを教師として招きたいと話していたそうだ。だが、日本に戻ってきてから、時代のせいか、女子が活躍できる場がなくて、捨松さんは結婚をして家庭に入ることを決めた。でも梅子さんは、自分は生涯結婚をせずに学校を建設するって決意したんだよ。そんな梅子さんを、アリスさんが直接的に、捨松さんは資金援助っていう形で支えたんだ」

 

愛「そうやってできたのが、今の津田塾大学だったんだね。ずっと独身で、女子教育のために尽くすって凄いねえ」

 

明「こうやって道を切り開いてくれた人たちがいたから、今の時代があるんだ。その人たちに感謝しながら、愛もちゃんと勉強しないとな」

 

愛「そうだね。でも、勉強する前にラジオ聴こう~」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「志を立てるということは、自分が生きていく人生の意味を決めることです。意味のある志を立てなければなりません。志があってこそ、自分を守っていく力が沸き、特別な人生を生きていくことができるのです」

 

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201312281476

12月 22

第111話「在米日系人 松藤大治さんと『永遠のゼロ』」


Play

2013年12月第4週放送分

 

※今回は、祖母の夢と孫息子の健がお送りします。

 

健「ばあちゃん、12月8日って何の日か知ってる?」

 

夢「12月8日? 何の日だったかねえ?」

 

健「1941年に、真珠湾奇襲作戦が決行された日」

 

夢「ああ、そうだった。よく知ってるね、健は。学校で習ったのかい?」

 

健「それもあるけど、今回のラジオでその話してたんだ」

 

夢「戦争の話かい? どんな内容だった?」

 

健「在米日系人の、松藤大治さんって人の話だったよ。生まれも育ちもアメリカなんだけど、日本人としての教育も受けてて、剣道も勉強もできたんだって。ジュニアハイスクールが終わってから、独りで日本に帰国して糸島中学に通った後一橋大学に進んだけど、日米開戦があって、松藤さんも戦場に行くことを決めたんだ」

 

夢「松藤さんは、在米日系人なんだよね。二重国籍じゃなかったのかい? それだったら、徴兵制度で戦場に行く必要はなかったよね?」

 

健「うん。アメリカ人だって主張すれば戦場に行かずにすんだんけど、自分から戦うことを決めたんだって。それから、松藤さんが所属していた元山航空隊でも神風特別攻撃隊が編成されて、昭和20年の4月4日に鹿児島の鹿屋に移動して、次の日には敵艦に突入して、全員、命を落としたって……」

 

夢「悲惨な話だよ。戦争が、貴い命をそうやって奪っていったんだ。健は、戦争を知らない時代に生まれてきて、本当に良かったね。でも、こんな悲惨な戦争があったってことは、知っておかないといけないよ。二度と繰り返しちゃいけないことだから」

 

健「本とかテレビとかでしか知らない戦争だから、目を逸らしたり、軽く考えちゃうこともあるけど、それでもちゃんと知らないといけないんだよね」

 

夢「おばあちゃんも、戦争を思い出したくはないけど、忘れることをしちゃいけないって思うんだよ。だから、健、一緒にラジオ聴いてくれるかい?」

 

健「うん」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「創設60年を迎えた国連が本来の目的である世界の紛争を解決するためには政治外交分野の各国代表者が集まる下院以外に地域や宗教、哲学の指導者が集まり、平和と人類の幸福のために、努力する上院の創設が必要されているのである」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201312221470

12月 14

第110話「新型うつ病 丸岡いずみさん闘病ドキュメント」


Play

2013年12月第3週放送分

 

※今回は、母の希と娘の愛がお送りします。

 

愛「お母さん、最近元気ないよね。大丈夫?」

 

希「え? そう? ちょっと頭が痛くて」

 

愛「風邪だったらいいんだけど」

 

希「けどってどういうこと?」

 

愛「ほら、最近うつ病ってよく聞くでしょ。心だけじゃなくて、体にも痛みがでることがあるって聞いたから。それに、今回のラジオでもうつ病のこと話してたんだよ」

 

希「あら、そうなの?」

 

愛「うん。なんかね、新しいタイプのうつ病が20代から30代の世代でなりやすくなってるんだって。今までのうつ病は、一日中気分が沈んで家から一歩も出られなくて、殻の中に閉じこもっちゃう感じだったけど、新型うつ病は気分 の浮き沈みが激しくて、職場に行けなくてもディズニーランドには行けるみたいな、仮病にも見えるんだって。「さぼりうつ」とも言われてるみたい」

 

希「新型うつ病なんてあるのね。知らなかった」

 

愛「私もそんなの全然知らなかった。精神科医の香山リカさんは、『従来型うつ病は社会人としての使命感や人間としての倫理観などへの頑固さがあり、新型うつ病患者の頑固さとは、自分の中へのこだわりである』って言ってるの。意識の向け方や価値観が違うだけで、社会や組織の摩擦の中で心が疲弊していることに変わりはないって捉えてるんだって」

 

希「うつ病も新型うつ病も、社会問題のひとつよね」

 

愛「うん、そうだよね。あと、後半でnews every.のキャスターの丸岡いずみさんがうつ病と闘ったドキュメント紹介してたよ。闘病中ね、不眠とか食欲不振とか、過覚醒とか、頭の中に得体の知れない考えがくるくる回るうつ地獄があったんだって。でも、処方された薬は飲まないで、「うつ病を乗り越えようと思わなくてもいいんじゃない」っていう、ご主人さんの一言で頑張れたんだって」

 

希「丸岡さんは、ご主人の支えがあったから頑張れたのね。私も頑張らないと」

 

愛「お母さんはうつ病じゃない、よね?」

 

希「大丈夫よ。多分、ちょっと風邪ひいただけ。お母さんが元気じゃなかったら、みんな困っちゃうでしょ。さあ、家事の前にラジオ聴いて頑張ろうっと」

 

愛「これだけ元気だったら大丈夫だね」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「悲しみに閉ざされた人を慰めることができるのは、それ以上の悲しみを経験した人のみである」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201312141465

12月 10

第109話「伝説の対決 西本聖対田淵幸一 セナ対マンセル」


Play

2013年12月第2週放送分

 

※今回は、父の明と息子の健がお送りします。

 

明「今年の野球はすごかったなあ。マー君があんなに成長するなんて。親の気分だ」

 

健「親って……。でも今年は特におもしろかった。あと、メジャーのレッドソックスがワールドシリーズ優勝してさ、上原投手がMVPとったんだよ。あれもすごかった」

 

明「確かに、海外で日本人が活躍してるの見ると燃えるんだよ。そうだ、今回のラジオ聴いたか? スポーツ関連の話だったぞ」

 

健「あ、まだ聴いてない。何のスポーツ? 野球?」

 

明「ああ。野球もあったし、他にも色々な。健は知らないだろうけど、30年前のセリーグの覇者、ジャイアンツとパリーグの覇者、ライオンズの試合のこと話してたんだけど、この二つのチームは五分五分で、ハラハラしながら観てたっけなあって、当時のこと思いだしちゃったよ」

 

健「30年も前のことなんて知るわけないじゃん。それで、ラジオで話してた試合ってどんなだったの?」

 

明「優勝争い5戦目の試合だ。巨人の先発は西本投手で、決め球のシュートで、無失点で抑えてた凄い投手だったんだ。でも、ライオンズの田淵選手が何としてでも西本投手から点をとるために、シュート一本に絞ってな、それを知った西本選手もシュートで一対一の勝負に出たんだ。狙い球をシュートに絞り込んでいても、やっとファールにしかできない田淵選手と、唯一の武器のシュートを、ファールカットされ続けても投げ込む西本投手、かっこよかったなあ。二人とも粘りに粘って、20球以上も勝負を続けた。この真剣勝負を、テレビの前で緊張しながら観てたんだ」

 

健「へえ。そんな試合があったのかあ。で、どっちが勝った?」

 

明「田淵選手だ。西本選手の球をレフとのポール際に持っていって、結局ホームラン。試合の結果も、田淵選手の気迫に引っ張られて、5対2の逆転勝ちで西武が勝ったんだ。巨人ファンだったから結果にはがっかりしたけど、今でも覚えてるぐらい、凄い試合だった」

 

健「お互い一歩も引かない勝負だったんだ。見てみたいな、そういうの。ねえ、今回は野球の話だけだった?」

 

明「あ、そういえば後半はF-1の今は亡き、アイルトン・セナ選手と、ナイジェル・マンセル選手の命がけのバトルのこと話してたな。このセナ選手のエンジンを作ったのが、本田宗一郎さんという日本の人で、セナ選手と本田さんは祖父と孫みたいに仲が良かったらしい。その本田さんを信じて、セナ選手はレースに挑んだんだ。

そこでデットヒートしたのが、セナ選手とマンセル選手のバトルってわけだ。激しいけどクリーンな壮絶な戦いを制して、結果はセナ選手が買ったんだけど、二人とも最後は満身相違で、セナ選手のマシーンはゴールしてから白煙を上げて、破壊されたほどだった。本田さんを信じて、最後まで勝利の執念を燃やし続けたんだろうな」

 

健「スポーツってやっぱりかっこいいよな。それに、観てるのもやるのもおもしろいし。俺もラジオ聴いてみよう」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「自分を信じて進め!ひたすら一人でいくという立場で、結晶体とならなければならない」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201312101460