Monthly Archive: 8月 2013

8月 31

第95話「ドイツ兵とポーランド孤児から尊敬された日本」


Play

2013年9月第1週放送分

 

※今回は、母の希と娘の愛がお送りします。

 

希「もう9月ねえ。やっと健の夏休みが終わったわ。けど、愛はまだ夏休みなの?」

 

愛「大学生はまだ2週間ぐらいあるもん」

 

希「じゃあ、家の手伝いもまだまだやってくれるわよね?」

 

愛「えっ、手伝い?後2週間しかないのに…」

 

希「何か言った?」

 

愛「ううん、何も。あ、それより、今回のラジオ聴いた?

  今回はね、今年が日本スペイン交流400周年の年ってことで、海外友好をテーマにしたエピソードを紹介してたんだよ。第一次世界大戦中の、坂東俘虜収容所に収容されたドイツ兵と日本人の物語と、ポーランドの子供たちと日本人の心温まるエピソードだったんだけど、おもしろかったからお母さんも早く聴いてみなよ」

 

希「何をそんなに早口になってるのよ。もうちょっとどんな内容だったか聞かせて」

 

愛「うん。えっと、最初のドイツ兵と日本人の物語は、第一次世界大戦中に日本に捕虜として連れてこられたドイツ兵が、当時の日本では珍しい職人技を日本人にも広めるために松江豊寿所長が、坂東捕虜収容所で捕虜とは思えないほど自由に、収容所内に肉屋や時計屋とかの色々な店を開かせて、ドイツ兵たちはそうやってだんだんと人間の心を取り戻していったんだって」

 

希「そういえば、その捕虜収容所が舞台になった映画あったわね。確か、『バルトの楽園』だったかしら」

 

愛「そうそう。それもラジオで言ってた。それで、後のポーランドの子供たちと日本人のエピソードっていうのは、第一次世界大戦が終わってから、ポーランドの人たちは国を追われて、シベリアに移住した難民の中には雪で飢えをしのんでいる孤児たちがいたんだけど、その子たちを救おうと設立された委員会から、当時は全然友好がなかった日本に受け入れをお願いされて、日本はすぐ受け入れを許可したの。日本人の手厚い支援を受けたポーランドの孤児たちは、その後故郷に帰って行ったんだけど、阪神淡路大震災の時に被災地で孤児になった子供たちを自分のことのように感じて、その子供たちをポーランド招待したっていうエピソード」

 

希「あら、良い話ね。さっそく聴かなくちゃ。愛、お母さんが聴いてる間に買い物行ってきてちょうだい」

 

愛「えー、結局手伝わされるの~。お母さんにはかなわないよ…」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「善なる人は、自然を見ても、人と会っても、どこへ行っても、いつでも心情でもって包むことのできる者である」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201308311357

8月 24

第94話「がんばらない介護」


Play

2013年8月第4週放送分

 

※今回は、父の明と母の希がお送りします。

 

明「何読んでるんだ?」

 

希「鎌田實さんの『がんばらない』よ」

 

明「それって、介護の話しだろ? どうして読んでるんだ? うちの母親も希のとこの両親もまだ元気だろ?」

 

希「いずれはどうなるか分からないでしょ。それに、友達にいるのよ。ご両親の介護をしてる子が。その子に言われちゃってね。今の内から考えておいたほうがいいよって。そしたらこの本貸してくれたの」

 

明「まあ、希の両親は、義兄さんのとこにいるからそんなに心配はいらないかもしれないけど、うちの母親はいつ介護が必要になるか、確かに分からないな」

 

希「いつまでも元気でいてくれれば安心なんだけどね。そうそう。この本貸してもらった後、ラジオ聴いたんだけど、丁度介護の話しだったのよ。今回は、久しぶりにタズさんとライターさん2人が、がんばらない介護の5原則についてトークしてたの」

 

明「それは良いタイミングだったな。で、その5原則ってなんだ?」

 

希「がんばらない介護生活を考える会っていう、鎌田實さんやがんばらない介護を日本で初めて提唱した野原すみれさんたちが参加してる会なんだけど、そこで言っているがんばらない介護の5原則のことよ。

一人で介護を背負い込まない、介護される側の気持ちを理解して尊重する、できるだけ楽な介護のやり方を考える、積極的にサービスを利用する、介護する・介護されるという現実を認めて受け入れるっていう5つの原則で、この内の一人で介護を背負い込まない、介護される側の気持ちを理解して尊重するっていうことについてと、タズさんとライターさんたちの介護体験の感想をトークしてたの」

 

明「それぞれ介護体験があるのか。それはすごいな。確かに、今のうちに介護のことは考えておく必要あるからな。俺も聴いておくか」

 

希「ラジオと一緒に、明さんもこの本を読んでみたら?」

 

明「そうするよ」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「喜びと幸福は、神様の愛と一致するところにおいてしかない。すなわち父母の喜びは子女から始まり、子女の喜びは父母から始まる」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201308241352

8月 17

第93話「神風特攻隊員は誰のために死んでいったのか」


Play

2013年8月第3週放送分

 

※今回は、祖母の夢と娘の愛がお送りします。

 

愛「おばあちゃん、今日お墓参り行くってお父さんが言ってたよ」

 

夢「ああ、お盆だもんねえ。暑くて大変だけど、行かないとご先祖さんやおじいちゃんに悪いからねえ」

 

愛「大丈夫? お父さんも心配してたけど」

 

夢「まだまだ元気だから大丈夫だよ。愛、今日は何日だい?」

 

愛「8月15日。あっ、そういえば終戦の日だ」

 

夢「そうだねえ。あの日も暑かったよ」

 

愛「最近、ドラマとか映画でも戦争ものやってるよね。あ、ラジオでもやってたんだった」

 

夢「おや、どんな内容だった?」

 

愛「神風特攻隊のこととか、その特攻隊のお世話をしていた女性青年団員の思いを語っている手記とか、特攻隊の魂のレクイエムを紹介してたよ。そのレクイエムっていうのが、特攻隊の人たちが親や兄弟、婚約者に宛てた手紙のことなんだけど、自分が死にいくことを覚悟した上で、今までの感謝の思いや、家族や婚約者のことをどれほど思ってるかってことが書かれていたんだよね。手記の他にも両親に宛てた和歌も紹介してて、私じゃ想像できない、神風特攻隊の人たちの思いだったけど、なんだか胸が痛くなったよ」

 

夢「愛は戦争を知らないんだよね。でも、最近ではこうやってラジオやテレビとか映画とかで戦争のこと知ることができるから、いい勉強になるねえ。おばあちゃんたちの戦争を知ってる代が、愛たちの戦争を知らない子どもたちに教えていかないといけないんだけど、やっぱり思い出すのは辛いものもあるからねえ」

 

愛「そうだよね。戦争は、いいことなんて何にもないから。でも、忘れちゃいけないことだもんね。目を背けたくても背けられないのが戦争なのかな」

 

夢「そうかもしれないねえ。おばあちゃんもラジオを聴いてみないと。愛、一緒に聴いてくれるかい?」

 

愛「うん。私ももう一回聴いておこうかな」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「人類の知恵の中の知恵とはお互いに知恵を集め、力を合わせて、理想世界の建設に謹まなければならないのです。葛藤と憎悪に染められた過去の日々はもう忘れ、平和をもたらさなければなりません。世界平和の為の努力はいくらやっても終わりがありません」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201308171346

8月 10

第92話「夏の芸術家 山田かまちさん&いわさきちひろさん」


Play

2013年8月第2週放送分

 

※今回は、父の明と息子の健がお送りします。

 

明「いやあ、凄いな」

 

健「何が凄いの?」

 

明「今回のラジオだよ。あ、そういえば健も17歳だよな。かまち君と同じじゃないか」

 

健「かまち君? 誰?」

 

明「山田かまち君、17歳でこの世を去った天才アーティストだ。絵画に音楽に詩に、天才的な才能を発揮したんだ」

 

健「今回のラジオは、その山田かまちさんの話しだったの?」

 

明「あともうひとり、画家のいわさきちひろさんのことも話していたぞ。いわさきちひろさんは、戦争中に辛い体験をして、好きな絵も描けない時期があったそうだ。だけど、戦後にまた絵を描く仕事について、それから戦時下にある子どもたちへの愛と平和を願う、子どもの絵を描き続けたんだ」

 

健「へえ。そんな人たちがいたんだ」

 

明「山田かまち君の詩と、いわさきちひろさんのメッセージや、2人が影響を与えた人々のメッセージを紹介してたんだが、本人たちも素晴らしいが、与えた影響も素晴らしいものだったんだ。

健、夏休みに入ったんだから、かまち君の詩とか、いわさきちひろさんの絵をみてみたらどうだ?ためになると思うぞ」

 

健「うん。その前に俺もラジオ聴く」

 

明「ああ、そういえば、まだ聴いてなかったよな。父さんももう一回聴くかな」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「言葉を語らずとも言葉が通じ、彼らが生きてきた歴史を知らなくても、自然とその心がわかるようにする力が芸術にはあるのです」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201308101341

8月 02

第91話「今年上半期総集編 タズの選んだいい話」


Play

2013年8月第1週放送分

 

※今回は、母の希と娘の愛がお送りします。

 

希「もうすっかり夏ね~。蝉も鳴き始めたし、日差しも強くなったし。それに、愛と健は夏休みに入っちゃったし」

 

愛「いいでしょ~、夏休み。今月は、友達と遊びに行って、海にもプールにも行こうかな。ねえ、家族旅行とか行かないの?」

 

希「遊ぶことばっかり考えてるじゃない。ちゃんと勉強もして、家の手伝もしなさい」

 

愛「それもやるから、大丈夫。あ、そういえば今回のラジオまだ聴いてなかった。お母さん、聴いた?」

 

希「ええ。今回は上半期の総集編だったわよ。66話の『届かなかったラブレター』とか、72話の『究極の愛の行動、自己犠牲と日本人の精神のアイデンティティ』の愛に関するエピソードを振り返ったり、あとは、78話の『世界がもし100人の村だったら』と84話の『美空ひばりさんの命月に捧げる愛の葛藤と歌う人生』の中からタズさんが抜粋して、お話してたわよ。そういえばこういう話もあったなあって思いながら聴いてたんだけど、また感動できることもあって良かったわよ」

 

愛「どれも印象に残ってる話しかも。66話の『届かなかったラブレター』は、昔、恥ずかしくて書けなかった初恋のラブレターとか、夫婦の感謝の気持ちとか、そういう想いを集めた『届かなかったラブレター』っていう書籍から抜粋して紹介してたよね。

72話の『究極の愛の行動、自己犠牲と日本人の精神のアイデンティティ』では、江戸時代の名張藤堂藩の、出間(いずま)村の福井文右衛門(ふくいぶんえもん)っていう代官と、大正時代の小野さつきっていう先生の自己犠牲の話だったよね」

 

希「そうよ。ちゃんと覚えてるじゃない。確か、78話の『世界がもし100人の村だったら』っていうのは、世界の人口を100人に例えて、現状の問題を色々数字で分かりやすく教えてくれてたわよね。それから、84話の『美空ひばりさんの命月に捧げる愛の葛藤と歌う人生』は、美空ひばりさんの愛に生きた人生がぎゅっと詰まってたエピソードだったのよねえ」

 

愛「そういえば、そういう話しだったね。私も遊びに行く前に、総集編聴こうかな」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「私は生涯一つのことだけを考えてきました。戦争と争いがなく世界中の人たちが愛を分かち合う世界、一言で言えば、平和な世界をつくることが私の幼い頃からの夢でした」

 

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201308021328