Daily Archive: 2013年7月27日

7月 27

第90話「偉人の最期のことば 一休、信長、西郷、手塚・・・」


Play

 

2013年7月第4週放送分

※今回は、父の明と祖母の夢がお送りします。

 

明「なあ、お袋。今回のラジオ聴いて、親父のこと思い出しちゃったよ」

 

夢「突然どうしたんだい? 今回のラジオってどんな内容?」

 

明「偉人たちの遺書とか、辞世の句を通して、その人物たちの死にようとか、死に様を紹介してた。トンチの一休さんで知られてる、実は破天荒で型破りな一休和尚とか、戦国時代の武将の織田信長とか、NHKの大河ドラマでやってる八重の桜に出てきた西郷頼母一族とかの最期、どうやって生を終えたかを話してたよ」

 

夢「そうだったの。簡単な話題ではないねえ。だけど、そういう話に出会う機会は中々ないもんだよ」

 

明「ああ、そうだな。他にも、戦場カメラマンの沢田教一さんが撮った、戦場で逃げ惑う人たちの写真の、命と生の記録からみる、沢田さんの遺言とか、鉄腕アトムや火の鳥で有名な手塚治さんが、がんに侵されながらも力を振り絞って、漫画家の仕事に注ぎこんだ最期の熱意のことも話してたよ」

 

夢「そんな人たちがいるんだねえ。明がお父さんのこと思い出すのも分かる気がするよ。 お父さんも、がんの闘病中に色々書いてたねえ。口ではあんまり言ってなかったけど、自分の中での闘いを色々書き遺してくれてたよ。お父さんは、強いんだか、弱いんだかよく分からない人だったけど、何でも前向きに捉える人だったね。明、お父さんが書き遺したノート、久しぶりに見たいんじゃないかい?」

 

明「そう、だな。愛と健にも見せてやりたくなったよ」

 

夢「そういえば、あの子達はまだ小さかったから、あのノートを見せたことはなかったね。それじゃあ、愛と健とラジオ聴いてから、わたしも一緒に見ようかねえ」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「自ら、自分の人格を崇拝できる人となりなさい。万物に対しても、恥ずかしくなく、崇拝を受ける感じがなければならない。その次に「私を見習いなさい」と言って、そののちに相対的な世界を見つめなさい。」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201307271322