Monthly Archive: 5月 2013

5月 26

第81話「キレる子供と食との関係 給食で死ぬ」 


Play

2013年5月第4週放送分

 

※今回は、父の明と母の希がお送りします。

 

明「ただいま。あー、腹減ったな~」

 

希「おかえりなさい。残業お疲れ様。今日は特製ポタージュスープよ」

 

明「特製ポタージュスープ?」

 

希「料理研究家の辰巳芳子先生が、「天のしずく」っていうドキュメンタリー映画の中で作ってるんだけどね、それ観てたら作りたくなっちゃって」

   

明「へえ。でも、何で急に辰巳芳子先生なんだ?」

 

希「ラジオよ。今回は食育がテーマだったの。

辰巳芳子先生は食材を生かした本物の食を追及し続けてきたんだけどね、本格的にスープ作りを始めたきっかけは、脳梗塞の後遺症で食べる楽しみを奪われたお父さんに、セロリのポタージュを作って、お父さんが笑顔で美味しいって言ってくれたことだったそうよ。

『愛する人が病で倒れたとき、元気になってほしいって思いながら気持ちを込めてスープを作っていると、作る人自身が癒されていって穏やかな気持ちになる』って、著書の「食の位置づけ」の中で語っているらしいんだけど、それを聴きながら私も癒されちゃった~。ステキな話じゃない?」

 

明「そうだな。辰巳芳子先生っていったらスープだけど、作るきっかけがそんな良い父子(おやこ)の話だったとは」

 

希「あっ。後ね、キレる子供と食の関係についての話もしてたわ。長野県上田市の大塚貢教育委員長が、学校給食を改革して子供たちを立ち直らせたらしいの。その詳しいことが著書の『給食で死ぬ!!』の中に記されてるみたいなんだけど、大塚先生は当時の給食が揚げパンや肉類中心で、家庭での食事も含めると栄養バランスが崩れるってことで、ごはんを主食にして、魚や野菜をきちんととれる献立に切り替えて、不足した栄養を補えるようにしたんだけど、その給食のメニューがとってもおいしそうなのよ~。あなたも聴いてみたらきっと分かるわ」

 

明「余計に腹減ってきたなあ。このポタージュスープ食べてから聴くよ」

 

希「じゃあ、あなたと一緒にまた聴こうかしら」

 

明「ああ。お、このスープうまい!」

 

希「そうでしょ?私の愛情が入ってるんだから。明日は何のスープにしようかしら?」

 

明「明日もスープ?」

 

希「ええ。もっとおいしいスープ作れるようなりたいから、明日から夕飯はスープよ!」

 

明「・・・ほどほどにな」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「朝別れるときも、喜びで別れ、夕方会うときも、喜びで会わなければならない。また帰ってきては、その日なしたことを妻と子供たちに話して聞かせ、相談して直すようにしなさい」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201305261271

5月 18

第80話「ガン緩和カウンセラー阿部文子先生 自分を愛すること」


Play

2013年5月第3週放送分

 

※今回も引き続き、母の希と娘の愛がお送りします。

 

希「カウンセラーの阿部文子先生のお話し良かったわあ。本当に、声を聞いてるだけでもリラックスできたわ」

 

愛「うん。今回のラジオも阿部先生がゲストなんでしょ?」

 

希「ええ。愛はまだ聴いてないのね?」

 

愛「え、お母さんもう聴いたの?今回はどんな内容だった?」

 

希「カウンセリングの患者さんの中には、ストレスからくる体の不調で訪れる人もいるみたいなのよ。心の変化は体の変化につながるから、阿部先生のカウンセリングを受けた患者さんは、カウンセリングでほぐれると体調もよくなるの。ストレスを抱える人は真面目な人が多いみたいで、こんな自分じゃだめだ、どうせ自分なんてっていう、マイナスな感情で自分を責めちゃうらしいの。だけど、阿部先生が、そんな患者さんの心を認めて、患者さん自身が悪いんじゃないって安心させると、ストレスはだんだん薄れていくみたいなの」

 

愛「へえ。ストレスって、そういうことなんだね。確かに、ストレス溜まっちゃうと、言っちゃいけないこと言ったりとか、怒ったりとかして、後で冷静になってみると、色々後悔しちゃうんだよねー」

 

希「愛の場合は、すぐ忘れちゃうから深刻なストレスにはならないのね」

 

愛「そうだけど~・・・なんか良い気分はしないなあ、それ」

 

希「ごめん、ごめん。ああ、あとね、阿部先生がカウンセリングの先生になったきっかけとか、ストレスにどう対応すればいいのか、とかも話してたわ。阿部先生のお父さんとの思い出、ステキな話しだったわよ。それに、自己肯定をすることでストレスに対応できるみたいなんだけど、自分にかける『ホ・オポノポノ』っていうハワイの言葉のことも言ってたわ。『ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています』この言葉を、毎日自分に言って、自分を大切にすることが大切みたいよ」

 

愛「自分にそう言うって、なんだか恥ずかしいね」

 

希「でも、ステキな言葉よ。愛もやってみなさい。そうだ、お父さんたちにも話しておかなきゃ」

 

愛「その前に、私はラジオ聴こう~」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「多く苦労をし、多く涙を流し、悔しいことを多く受ければ受けるほど、天のものとして残されるだろう」

 

今週も番組からのお知らせです。

番組内でご紹介した阿部文子先生の自立神経法がCDになっています。

「自宅でできる自立訓練法」

 

↓お問い合わせ先はこちら↓

住所:㈱ メディカルファミリー

東京都豊島区北大塚1-20-10

TEL:03-3576-0808

お問い合わせ時間:平日9:00~17:00

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201305181265

5月 11

第79話「ガン緩和カウンセラー阿部文子先生 母のような思いで」


Play

2013年5月第2週放送分

 

※今回は、母の希と、娘の愛がお送りします。

 

愛「お母さん、『がん緩和カウンセラー』って知ってる?」

 

希「がん緩和カウンセラー?あまり聞いたことないわね」

 

愛「今回のラジオ、がん緩和カウンセラーの阿部文子先生がゲストに来てたの。阿部先生は、がんの患者さんの心をやわらげて、がんを小さくしたり、治したりして、人生に絶望を感じていた患者さんに、生きる希望を与えることもカウンセリングを通してやってるんだって」

 

希「カウンセリングでがんが良くなるなんて、すごいわね。どんな感じでカウンセリングしてるのかしら?」

 

愛「阿部先生は、患者さんのお母さんのような気持ちで対話して、患者さんの思いを共感して、受容してるって言ってたよ。あと、カウンセリングをして患者さんをリラックスさせたり、イメージで治癒力をあげたりして、自分で自分の気持ちを前向きにするような自立訓練法も行ってるんだって。」

 

希「カウンセリングの力ってすごいのね。

阿部先生のお母さんのような気持ちって、ドイツのG・シュビング看護師の名言を思い出すわね。

『母なる者とは、相手の身になって感ずる能力、他の人の必要とするものを直感的に感じること。人の求めに

応じられる準備をしていること。自分の運命と同様に他の人の運命を大切にできること』

阿部先生は、この名言を目標にしているのかもね」

 

愛「うん、きっとそうだよ。お母さんの気持ちになって、患者さんと対して、患者さんの家族の中にも入って、共感して受容するって言ってたよ。」

 

希「お母さんのように、優しい方なのね」

 

愛「うん。声も聴いてて、リラックスできる感じがしたなあ。そういえば阿部先生は、外気功も使ってるんだって。患者さんに、気を送って、邪気をとるっていうことなんだけど、邪気がなくなれば気脈がよくなって、免疫力が上がったり、かたいところがほぐされて痛みがなくなるみたいだよ」

 

希「そんなこともできちゃうのね。やっぱり先生だからできるのよね」

 

愛「ううん、誰でもできるんだって。お母さんのような思いやり、愛情に痛みをとる力があるの。ほら、お母さんだって昔私にやってくれたじゃない。痛いの痛いのとんでいけって」

 

希「え?それも外気功なの?」

 

愛「おまじないの言葉みたいだけど、確かに痛みがなくなった気がするもん。ねえ、今度ケガしたらやって」

 

希「子供みたいなこと言って。でも、それが効くのはすごいことよね。お母さんも阿部先生のお話し聴いてみようかしら」

 

愛「私もまた聴こうかな」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「本然の世界は、条件を超えた自由の世界である。どうせ訪ねていかなければならないし、訪ねてこなければならないし、互いに会わなければならない因縁がある。笑顔で訪ねよう」

 

番組からのお知らせです。

今回、番組内でご紹介した阿部文子先生の自立神経法がCDになっています。

「自宅でできる自立訓練法」

 

↓お問い合わせ先はこちら↓

住所:㈱ メディカルファミリー

東京都豊島区北大塚1-20-10

TEL:03-3576-0808

お問い合わせ時間:平日9:00~17:00

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201305111259

5月 01

第78話「世界がもし100人の村だったら」


Play

2013年5月第1週放送分

 

※今回は、父の明と、息子の健がお送りします。

 

健「父さん、『世界がもし、100人の村だったら』って話知ってる?」

 

明「あー、どこかで聞いたことあるような、ないような・・・」

 

健「この間、学校でも聞いたんだけど、ラジオでもこの話をとりあげてたんだ。寓話みたいな、例え話なんだけど、世界中でメールでやり取りされて、特に学校で広まった話なんだけど、もし、世界の人口が100人だったらって考えて、100人の内20人は裕福だけど、15人は飢えで苦しんでるとか、武器にお金を相当かけてるから、16人は字を学べないとか、色々数字で教えてくれてるんだ」

 

明「そういう話しか。世界を100人に例えたら、世界の問題がぐっと近く感じられるな」

 

健「そうなんだよ。それに、現在の人類統計比率を踏まえて、全世界を100人の村に縮小するとしたらっていう話もあって、アジア人が57人、ヨーロッパ人が21人とか、きちんと比率によって分けられてるんだけど、そのうち全世界の59%の富を、6人のアメリカ国籍の人たちが持ってるってことになるんだって。でも、50人は栄養失調に苦しんで、ひとりは瀕死状態。俺、全然世界の問題とかに目を向けてこなかったけど、こうやって数字にされると、なんかリアルなんだよな」

 

明「そうだな。『世界がもし、100人の村だったら』読んでみないと。

  きちんと現実の問題を知った上で、自分たちができることをしないといけないんだろうな」

 

健「そのこともラジオで言ってたよ。ボランティアに参加したりとか、募金をしたりとか。1000円でも肺炎の抗生剤を数人の子供に分け与えられるんだって。毎月3000円の募金を1年続けたら、6つの感染症の予防接種20人分とか、脱水症状から子供を守る経口補水塩4909人分を届けることができるんだって」

 

明「ほう。それは凄いな。そんなに多くの子供を助けることができるのか。よし、今から募金をしに行こう。健も一緒に行くぞ」

 

健「父さん、その前にラジオも聴いておいた方がいいんじゃない?」

 

明「あ、そうだった。ちゃんと現実の問題を知っておかないとな」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「空腹でなければ神様は分かりません。空腹の時間が神様の最も近くに行くことが出来る機会です。空腹のとき、私の前を通り過ぎる人がいれば、もしかしたらあの人は私の母、姉ではないかという思いがするものです。誰でも私を助けてくれる人を待つのです。そのような時、私たちは善なる同情の心を持たなければなりません。」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201305011253