Monthly Archive: 3月 2013

3月 30

第73話「別れがくれる、不思議な力


Play

2012年3月第4週放送分

 

※今回は、父の明と、息子の健がお送りします。

 

明「春だなあ」

 

健「3月なのに、桜が満開だしね」

 

明「そうだな。3月といえば、卒業式シーズンか。健の学校はいつだ?」

 

健「先週終わったけど」

 

明「そうだったのか?健も来年は卒業かあ。早いな」

 

健「まだ一年あるから。あ、今回のラジオ聴いた?卒業と別れがテーマだったよ」

 

明「そういえば、まだ聴いてなかったな。卒業と別れ、か。なんか寂しいな」

 

健「そうでもないかも。伊集院静さんが書いた『別れる力』のことも紹介してたんだけど、そこで伊集院さんが『人間は別れることで何かを得る生きものなのかもしれない。別れるということには、人間を独り立ちさせ、生きることのすぐ隣に平然と哀切、慟哭が居座っていることを知らしめる力が存在しているのかもしれない。』って言ってた」

 

明「意味はちゃんと分かってるのか?」

 

健「ちょっと難しいけど、要するに、別れを乗り越えた後で生きるための力をつけさせてくれて、成長させてくれるものってことかなって。伊集院さん、20歳の頃、16歳の弟さんを事故で亡くしたり、35歳の時、若かった奥さんを亡くしてるんだよね。大切な人との別れを経験した人の言葉って、リアリティあるなって思うんだ」

 

明「辛い経験をしたんだな。でも、人ってそれを乗り越えられるんだな。読んでみたいな、『別れる力』。

伊集院さん意外にも何か紹介してたのか?」

 

健「うん。他には、たったひとりの卒業式っていって、小学校の先生だった中山理さんが定年退職した後、今までの教え子たちが、先生の卒業式を開いてくれたっていうエピソードも紹介してたよ」

 

明「そうか。いい話しだな。父さんにも恩師がいたなあ。久しぶりに連絡とってみるかな。

でも、その前にラジオ聴いておくか」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「知らない人と出会うとき、私たちはその背後がどのようにつづられてきたのか知りません。その人は何でもないように思えるのですが、10年後、20年後にどのような人になるのか分からないのです。良かろうと悪かろうと、因縁を結んだすべての人々、あるいはすべてのことを大事にしなければならないのです。」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201303301217

3月 21

第72話「究極の愛の行動、自己犠牲の心と日本人の精神のアイデンティティ       日本の歴史を振り返って」


Play

2012年3月第3週放送分

 

※今回は、母の希と、娘の愛がお送りします。

 

愛「お母さん、自己犠牲ってどう思う?」

 

希「え?いきなり難しいこと聞いてくるわね。どうしたの?」

 

愛「今回のラジオのテーマが自己犠牲だったんだけど、自分の命を犠牲にしてまで誰かのために生きるって、

すごいっていうか、何でそんなことまでできるんだろうって思って」

 

希「あら、本当にすごいテーマね。愛にはまだ早いんじゃない?」

 

愛「そうかも。だから、お母さんはどう思うのかなって思ったの」

 

希「そうねえ。自分の命が犠牲になっても構わないから、誰かを助けたいって思いは、確かに凄いわよね。

でも、そういう思いは人間誰でも持ってるんじゃないかな。愛する人のためとか、家族のためとか、

勿論お母さんだって、愛たちのためなら何だってしたいって思ってるわよ」

 

愛「そりゃあ、そうかもしれないけど、家族じゃなくて他人のために自分を犠牲にするって、普通の人じゃできないんじゃないかなって思うんだけど」

 

希「家族以外、か。そうね、その他人が、よっぽど愛する人とかじゃないと難しいかもね。

それでも自分の命を他人のために犠牲にできる人って、とても正義感があって素晴らしい人よね」

 

愛「うん、だよね。私もそう思う」

 

希「今回のラジオは、自己犠牲をした人を紹介してたの?」

 

愛「そう。2人いるんだけど、1人は、江戸時代の名張藤堂藩の、出間(いずま)村の福井文右衛門(ふくいぶんえもん)っていう代官で、もう1人は大正の小野さつきっていう女性の先生の話しだったよ。福井文右衛門は、村人たちのために・・・」

 

希「あー、待って!これから聴くから、その先は言わないで!楽しみが減っちゃうじゃない」

 

愛「えー、お母さんから聞いてきたんじゃん」

 

希「まあまあ。愛も、もう一回一緒に聴く?」

 

愛「うん、そうしよっかな。2回聴いた方が、自己犠牲についてもっと分かるかも」

 

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「我々に与えられた使命が大きいほど、その使命に比例し、試練と闘争も大きいだろう。試練を闘争を恐れる者には、使命を授けることはできない」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201303211211

3月 14

第71話「東日本大震災 命のドラマ」


Play

2012年3月第2週放送分

 

※今回は、祖母の夢と、息子の健がお送りします。

 

健「ばあちゃん、風邪よくなった?」

 

夢「もう大丈夫だよ。外も暖かくなってきたから、だいぶ良くなったよ」

 

健「そっか。よかったね」

 

夢「みんなが心配して、看病してくれたおかげだよ。おばあちゃんは幸せ者だよ」

 

健「大げさだなあ」

 

夢「大げさなんかじゃないよ。家族がすぐそばにいて、一緒に生きているっていうのは、

本当にありがたくて幸せなことなんだよ」

 

健「家族が一緒にそばにいるって、当たり前のことじゃない?」

 

夢「当たり前じゃないんだよ。人生、いつ、どこで何が起きるか分からない。

  だからこそ、いつも当たり前だって思っていることに、きちんと感謝しないといけないんだよ」

 

健「感謝、か。そんなの考えたことなかったかも」

 

夢「これから、考えていけばいいよ。

そういえば、久しぶりにラジオを聴きたいねえ」

 

健「寝込んでたから、聴けなかったんだね。あ、俺さっき今週の聴いたんだ。

東日本大震災のことだったよ。震災のことを書いた記事とか、

震災を目の当たりにした人のドキュメントとかを紹介してたよ」

 

夢「どんな内容だったんだい?」

 

健「記事では、岩手県の消防団員の本波勝人さんが、水門を閉めに海に向かって、その後逃げようとしたところで津波に追いつかれて、亡くなったんだけど、本波さんたちが水門を閉めてくれたおかげで何人もの人が助かったって。本波さんの子供が、俺とあんまり年が変わらないんだ。家族の死を乗り越えるって、簡単じゃないよね。でも、たくさんの地域の人を救ったお父さん、かっこいいって思うんだ。他にも、町の人のためにボランティアをする人とか、震災の日に生まれた赤ちゃんのエピソードとか紹介してたよ。

   あと、ドキュメントでは、陸前高田市の佐々木陽一さんっていう小学校の先生の、九死に一生を得たことを紹介してた。津波に巻きまれたけど、トタン板に乗って波の上を17時間も漂流し続けて、やっと助けられたんだ。1漂流している時に、救助隊の声とか音が聞こえて、必死になって助けを求めたけど、気づいてもらえなかったんだって。それでも、生きようと頑張って耐えていたら、助かったんだ。17時間って凄いよ。俺だったら、途中で諦めてたかもしれない。今になって、大震災の恐さと惨さを感じさせられたよ。それに、この出来事は絶対に忘れちゃいけないことなんだって、思ったんだ」

 

夢「ええ、そうだね。もう2年にもなるんだねえ。本当に、忘れちゃいけないことだよ。

  おばあちゃんもラジオを聴いて、震災のことをきちんと受け止めないと」

 

健「うん。俺も、もう一回聴こうかな」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「人間が流す血と汗と涙は偽りではありません。すべて真実です。血と汗と涙は人の為に流さなければなりません。」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201303141205

3月 08

第70話「太陽の塔、ひまわり。岡本太郎とゴッホからみる、真実と美の完成の芸術」


Play

2012年3月第1週放送分

 

※今回は、父の明と、母の希がお送りします。

 

明「芸術は爆発だ!」

 

希「どうしたの、いきなり? ビックリするじゃない」

 

明「岡本太郎だよ。知ってるだろ、流行語にもなったこのセリフ」

 

希「知ってるけど、何で今なの?」

 

明「2月26日は、岡本太郎の誕生日なんだよ」

 

希「一週間ぐらい前だけどね。でも、何年に生まれたの?」

 

明「1911年だから、今から102年も前だな。それでも岡本太郎の芸術性は、今に受け継がれてるんだよ」

 

希「今まで芸術のことなんて、全然口にしなかったのに。今回のラジオは岡本太郎のこと紹介してたの?」

 

明「ああ。岡本太郎の生い立ちとか、名言とかな。後、ゴッホについても紹介してたぞ」

 

希「ゴッホっていえば、ひまわりが代表作よね。それに、日本でも絵画展やってたわよね」

 

明「ゴッホは、相当大変な人生を歩んできたんだよ。今ではこんなに有名になって、絵画も素晴らしいって言われてるけど、生前売れた絵はたった2枚だけ。しかも、最後は自殺だ。本当に苦しかったんだろうな」

 

希「だけど、仲の良かった弟がいたってイメージがあるけど」

 

明「まあな。弟についても、少しふれてたぞ。弟に宛てた手紙も紹介してたな」

 

希「私もラジオ聴いてみようかしら。

そうだ!ねえ、今度絵画展行きましょうよ。たまには芸術に触れるのもいいでしょ?」

 

明「それもそうだな」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「芸術は、神様の創造に偉業に似ています。神様が人間に、芸術家自らが渾身の力を注いだ作品は、死力を尽くした後に誕生した創造の結実です」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201303081199