«

»

11月 28

Print this 投稿

第56話「生まれる命の大切さ」


Play

2012年12月第1週放送分

 

※今回は、母の希と娘の愛がお送りします。

 

愛「ねえ、お母さん」

 

希「何?」

 

愛「今回のラジオ聴いた?」

 

希「今から聴こうと思ってたんだけど、愛は聴いたの?」

 

愛「うん、聴いたよ。なんか、凄く考えさせられた。

今回のテーマが、『いのち』で、『お産』についての話しだったんだけどね。

新しい命が生まれるって、尊いことなんだなあって改めて思っちゃった」

 

希「あら、良いテーマね。私たちって普通に生活してるだけだと、これが当たり前だって思えちゃうものね」

 

愛「そうそう。それに、子供を生むときだって、苦しい思いはするけど、健康な赤ちゃんが生まれることが当たり前だって思ってたの。だけど、本当は当たり前なことじゃなくて、それは凄く感謝しないといけないことなんだなって、聴いてて思わされたんだ」

 

希「そうねえ。お母さんも、愛と健が無事に生まれてきてくれたときは、本当に嬉しかったわ。

今はこんなに大きくなってくれて、ちゃんと感謝しなきゃね」

 

愛「それは、お母さんとお父さんがいてくれたからだよ。ありがとう」

 

希「改まってお礼言われると照れるわね。

でも、おばあちゃんとおじいちゃんだってあなたたちの面倒をみてくれたのよ。

おじいちゃんのこと、覚えてる?」

 

愛「ちゃんと覚えてるよ。健は覚えてるかどうか分からないけど。

私が6歳の時に亡くなったんだよね。でも、それまでは毎日遊んでくれたから、今でも覚えてるよ。

優しかったなあ、おじいちゃん」

 

希「お母さんも、おじいちゃんとおばあちゃんに感謝しなきゃ。まだ愛たちが小さかった時は助かったわあ」

 

愛「家族みんなに、感謝なんだね」

 

希「そうよ。さて、ラジオ聴こうかしら。愛も一緒に聴く?」

 

愛「うん。そうだ、おばあちゃんも聴くかな?」

 

希「そうね。おばあちゃんも呼んでいらっしゃい」

 

愛「うん、ちょっと待ってて」

 

希「ふふっ。やっぱり、独りで聴くより、皆で一緒に聴いた方がいいものね」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「夫婦の間で子女が生まれるとき、心情的な一致点において、生理的な一致点を兼ねた立場において生まれれば最高である」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201211281066