«

»

11月 22

Print this 投稿

第55話「世界のホームラン王、王貞治&世界の安打製造機イチロー」


Play

2012年11月第4週放送分

 

※今回は、父の明と息子の健がお送りします。

 

明「健、キャッチボールやるぞ!」

 

健「え? どうしたの、いきなり」

 

明「やっぱり男は、野球で育つもんだと思ってな。

父さんも、おじいちゃんとよくキャッチボールやってたんだぞ。

だから健、今から公園でキャッチボールやろう」

 

健「ちょっと待ってよ。何で急にキャッチボール? しかも、野球で育つってなんのことだよ?」

 

明「なんだ、まだラジオ聴いてないのか?じゃあ、キャッチボールやる前にラジオを聴いた方がいい」

 

健「ラジオって、今回は野球の話しだったの?」

 

明「正確に言えば、野球選手の話しだ。

世界のホームラン王の、王貞治と、世界が認めた日本人選手、イチローのことを紹介していたんだ。

いやあ、二人の野球に注ぐ情熱は、凄いぞ~」

 

健「王監督とイチローかあ。

イチローのことは、メディアとかでよく取り上げられてるから、まあまあ知ってるけど、

王監督のことはそんなに知らないかも」

 

明「王監督のことを、健が知らないのも無理はないな。現役だった時は、すごい選手だったんだぞ。」

 

健「父さん、ファンだったの?」

 

明「ファンというより、憧れみたいなものだったな。それでだ、どれだけ凄い選手だったかっていうと…」

 

健「待って!」

 

明「どうした?せっかく話してあげようと思ってるのに」

 

健「自分でラジオ聴くから、いい。父さんから聴くと、ラジオの楽しみがなくなるじゃないか」

 

明「うっ、それは、その通りだ。あ~、でも、言いたいなあ。ちょっとだけ聞いてくれないか?」

 

健「嫌だよ。ちょっとだけって言いながら、ずっと話しそうだし。じゃあ、俺ラジオ聴いてくるから。」

 

明「おいおい、独りで30分も待ってないといけないのか?

健、父さんも一緒に聴くぞ。それから、公園でキャッチボールしよう」

 

健「そんなにキャッチボールしたいの?」

 

明「健もラジオ聴けば、絶対したくなるぞ」

 

健「そういうもんかな?とにかく、再生するよ」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「士気を失うな。自信のない所に前進があるはずがない。自ら士気を呼び起こして事をなして行きなさい。

神様は意欲のない所には協助なさらない」

 

~番組からのお知らせがあります~

50回放送を記念して、番組よりリスナーの皆様へのプレゼントを企画しました。

番組のご感想やメッセージを、お便りやメールでよせて頂いた方から、

抽選で50名様に1000円分の図書券と番組オリジナルポストカードをプレゼントいたします。

 

<宛先>

〒150-0031

 東京都渋谷区桜丘町2-9

 株式会社 創芸社 

 ラジオ番組プレゼント係

 

ふるってご応募ください!

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201211221060