«

»

9月 27

Print this 投稿

第47話「番組特別版 ~皆様からのご意見+これまでの放送フォロー~」


Play

2012年9月第4週放送分

※今回は、幸元家の父・明と娘・愛がお送りします。

 明「愛、今回のラジオ聴いたか?」

 愛「ううん、まだ聴いてないよ」

 明「今回は特別版で、リスナーからのメール紹介とか、今まで放送してきたものに新しい情報を足して紹介してくれてるんだ」

 愛「へえー、そうなんだ。新しい情報ってどんなのがあった?」

 明「簡単に言えば、教育に関することと、戦争に関することだったな。リスナーからのメールで、いじめ問題に関する放送の後、自閉症を我が子に持つお母さんの奮闘とか、その教育現場の現状とか知らせてくれたらしい。その時の放送で、師友塾塾長の大越さんのこと紹介してただろ?それで、師友塾に出会ったお母さんの話しとか、不登校で学校に通えなくなったけど、サポート校に通うようになった子、本人の話しとかあったな。」

 愛「問題にぶつかったけど、乗り越えた人の生の声、みたいな?」

 明「うん、そんな感じだった。あと、盲目の天才ピアニスト辻井伸行さんのお母さん、いつ子さんの話しも前に紹介してただろ?そこで紹介しきれなかったっていういつ子さんのサイトのことも言ってたぞ。『辻井いつ子の子育て広場』っていうサイトなんだけどな、12日間連続で、いつ子さんの子育て術に関するメルマガを配信したり、その感想をサイト内で紹介してくれたりしてるんだ。お父さんも後でそのサイトにいって、メルマガ配信してもらおうと思ってるんだ。愛も見てみなさい。将来の役に立つぞ~」

 愛「う~ん、私にはまだちょっと早いかもしれないけど。でも、いつ子さんのサイトがあったなんて知らなかったなあ」

 明「あと、もう一つ新しい情報がある。リスナーのピースメーカーさんが、戦争の回顧特集の時の放送にプラスして、樺太(旧サハリン)での日本人女性電話交換手の悲劇、『氷雪の門』についての情報をくれたんだ。『氷雪の門』っていうのは簡単に言うと、南樺太に攻めてきたソ連軍、真岡郵便局の通信連絡を行った9人の女性電話交換手がいた。彼女たちは、緊急を告げる電話回線で町の人々の避難経路を告げるために職場を離れなかった。最後まで責任を全うすると、全員青酸カリを飲んで自決したっていう悲しくも立派な女性たちの話しなんだ。今回のラジオでは、当時の真岡郵便局局長、上田豊三さんの証言を紹介してた。詳しいことは、実際に聴いてみてみた方がいい。愛も何か、感じることがあると思うぞ」

 愛「うん、分かった。私も聴いてみる。戦争を直接体験したわけじゃないけど、忘れちゃいけないものだもんね。いいね、この企画。これまでの放送のおさらいにもなるし、新しい情報も聴けちゃうから一石二鳥」

 明「また、パート2をやるって言ってたぞ。次も楽しみだな」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

 行動したなら、責任を持ちなさい。責任を死と取りかえることの出来る者であってこそ、天国に行ける

 

今回ご紹介した「約束の翼」イラスト動画です。

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201209271005