Monthly Archive: 12月 2012

12月 26

第60話「人生を切り開く!『松本市立旭町中学校桐分校』、『シエラ・ユース・センター』 ~学びを通して、生きる力と前を見る勇気を身につける更生ドキュメント~」


Play

2012年12月第4週放送分

 

※今回は、息子の健と、父の明がお送りします。

明「そういえば、今週はクリスマスだな。健、チャールズ・ディケンズの『クリスマスキャロル』は知ってるか?」

 

健「それって、ディズニー映画になったやつでしょ。観たことあるけど」

 

明「あの話しの中で、何が言いたいか分かるか?」

 

健「いじわるなルイージじいさんが、人に優しくすることを悟ったって話しだから、人には優しくしないといけないですよ、みたいな?」

 

明「簡単にまとめたな。健の言ったこともあるけど、ルイージじいさんみたいに過去に悪いことや罪を犯した人

でも、悔い改めれば人生のやり直しができるってことを言いたかったんだよ、チャールズ・ディケンズは」

 

健「なるほどね。人生のやり直しか」

 

明「健は、今回のラジオ聴いたか?」

 

健「まだ聴いてないけど。あ、もしかして、さっきのクリスマス・キャロルの話し、全部ラジオで放送されてたこと?」

 

明「あ、まあ、それはそうだが…。とにかく、今回は過去に罪を犯した人でもやり直せるってことで、更生するための学校のことを紹介してたんだ。良い話しだったぞ」

 

健「そんな学校があるんだ。知らなかった」

 

明「長野県の松本市に、松本少年刑務所があるんだが、そこは日本でひとつだけの中学校がある刑務所なんだ。あと、後半で紹介してたのがアメリカにある、シエラ・ユース・センターっていう更生施設のことだったな」

 

健「初めてきいた。更生施設の話しって全然知らないから、想像つかないな」

 

明「いい勉強になるぞ」

 

健「うん、そうだね。早く聴こうっと」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「これからは、喜びの涙を流していかなければならない」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201212261087

12月 23

59話「尊い命は愛と共に。 『1リットルの涙』、『愛と死をみつめて』ハートフルストーリー」


Play

2012年12月第4週放送分

 

※今回は、娘の愛と、息子の健がお送りします。

 

愛「ねえ、『1リットルの涙』って覚えてる?」

 

健「覚えてるけど、いきなりどうしたの?」

 

愛「まだラジオ聴いてないんでしょ。今回は、病と闘う人のエピソードを紹介してたんだけど、

  『1リットルの涙』の木藤亜矢さんと、『愛と死をみつめて』のミコさんとマコさんのお話しだったんだよ」

 

健「へえ。『1リットルの涙』の、亜矢さんの病気に立ち向かう姿が印象的だったのは覚えてるよ」

 

愛「健は、原作読んでないでしょ。『1リットルの涙』の原作って、亜矢さんの日記なんだけど、率直に自分の気持ちを書いてて、苦しさとか悩みとか、家族や友達に対する感謝の想いとか、すごく伝わってくるの」

 

健「そうなんだ。俺も原作読んでみよっかな。ラジオは、原作の方を紹介してたんだろ?」

 

愛「うん。日記の一部だけだったけど、じ~んってきたなあ。あ、そうだ。『愛と死をみつめて』って、聞いたことある?」

 

健「ううん、ない。そのミコさんとマコさんって誰なの?」

 

愛「ミコさんは、骨に悪性腫瘍ができる病気にかかって入院してた大島みち子さんの愛称で、マコさんは、ミコさんの彼氏の、河野実さんの愛称。ミコさんが美人だったみたいで、入院中に病院で出会ったマコさんはすぐミコさんに惹かれて好きになったんだって。マコさんは退院した後も、ミコさんと手紙のやり取りをして、ずっとミコさんを励ましてきたんだよね。2人の手紙のやり取りが、『愛と死をみつめて』っていうタイトルで書籍化されて、ドラマとか映画にもなったって」

 

健「ミコさんが病気と闘ってるとき、彼氏がずっと励ましてくれてたのか。

なんか、普通の恋愛と違って、重みと深みがあるなあ。」

 

愛「そうなの。『愛と死をみつめて』の映画も泣けるんだって。今度観よう!健も観る?」

 

健「俺はまず、ラジオ聴いてから」

 

愛「そういえば、まだ聴いてないんだったね。じゃあ、私も一緒に聴こうかな」

 

健「また聴くの?」

 

愛「何度聴いてもいいでしょ。ほら、再生するよ」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「愛によって生まれ、愛によって育てられ、愛によって生き、愛し抜いて、また愛を残していく。

それが人生の最高の目的です」

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201212231083

12月 13

第58話「スクリーン特集、心に映える名シーンをあなたへ。 映画史上の古今の名作 『シェーン』、『サウンド・オブ・ミュージック』、『屋根の上のバイオリン弾き』」


Play

2012年12月第3週放送分

 

※今回は、父の明と、母の希がお送りします。

 

明「たまには、映画でも見に行かないか?」

 

希「あら、明さんから誘ってくれるなんて珍しい」

 

明「まあ、たまには、な」

 

希「そういえば、映画なんてここ最近、全然観にいってなかったわね。でも、急にどうしたの?」

 

明「ラジオ聴いてたら、映画観にいきたくなったんだ。もう、ラジオ聴いたか?」

 

希「いいえ。まだ聴いてなかったわ。今回は映画のお話しだったの?」

 

明「ああ。今回は、『シェーン』と『サウンド・オブ・ミュージック』と『屋根の上のバイオリン弾き』の、

名場面を紹介してたんだ」

 

希「全部良い映画じゃない。若い頃観たのを思い出すわ~。」

 

明「そうだろ?しかも、ただ名場面を紹介してるんじゃないんだ。

タズさんが、英語と吹き替えをダイジェストに、名場面を紹介してくれてて、すごい迫力だったんだぞ~」

 

希「それは是非、聴かなきゃね!

ねえ、明さん。映画観にいく前に、私もラジオ聴いていい?」

 

明「ああ。ラジオ聴いてから、映画観にいったほうがいいかもしれない」

 

希「そうよね。じゃあ、一緒に聴きましょう」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

文化や芸術は世の中を動かす力を持っているのです。人々の心の深い所に影響を与えるのは理性より、感性す。受け入れる心が変われば、世の中が変わり、制度が変わります」

 

~番組からのお知らせがあります~

50回放送を記念して、番組よりリスナーの皆様へのプレゼントを企画しました。

番組のご感想やメッセージを、お便りやメールでよせて頂いた方から、

抽選で50名様に1000円分の図書券と番組オリジナルポストカードをプレゼントいたします。

 

<宛先>

〒150-0031

 東京都渋谷区桜丘町2-9

 株式会社 創芸社 

 ラジオ番組プレゼント係

 

ふるってご応募ください!

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201212131077

12月 04

第57話「100歳のチカラ ~悟りと教え、人生の先輩方~」


Play

2012年12月第2週放送分

 

※今回は、祖母の夢と息子の健がお送りします。

 

健「ねえ、ばあちゃんって、今年でちょうど80才だよね?」

 

夢「そうねえ。多分そうだったかしら」

 

健「じゃあ、後20年で100歳だ。それまで長生きしてよ」

 

夢「あらあら、100歳まではまだまだ時間がかかるわよ。おばあちゃんが100歳になったら、健はもう37歳になるんだね。その頃には結婚して、子供もできて、ひ孫の顔が見れるのかしら。それは、楽しみだねえ」

 

健「ちょっと、飛躍しすぎだよ。まあ、ひ孫の顔は見せてあげたいけど。それよりさ、今回のラジオ聴いた?」

 

夢「そういえば、まだ聴いてなかったわ」

 

健「今回はね、100歳の人の話しだったんだ。『くじけないで』って詩集を出した柴田トヨさんと、100歳の教師の、うめ子先生と、橋本武先生のことを紹介してたよ」

 

夢「柴田トヨさんの詩集は私も買ったんだよ。健も読んだかい?」

 

健「あー、俺はまだ。今度貸して。ラジオで3篇紹介してたんだけど、分かりやすくて、すっと心に入ってくる感じがしたんだ」

 

夢「そうだねえ。詩集、貸してあげるよ。ゆっくり読みなさい。柴田トヨさん以外の方たちはどんな方なんだい?」

 

健「うめ子先生は、基督教独立学園で書道の先生をしてたんだ。前向きでユーモアがあるおばあちゃんって感じ。橋本武先生は灘校の国語教師で、中勘助の『銀の匙』を3年間かけて読むっていう授業をしてる先生だよ。テレビでも観たことあるんじゃない?」

 

夢「ああ、そうねえ。観たことあるかも。でも、凄いねえ。100歳になっても、生徒さんを教えられるなんて。おばあちゃんも憧れちゃうよ」

 

健「だからさ、ばあちゃんも100歳目指して長生きしてよ。詩、書いてみたら?」

 

夢「おばあちゃんは文才がないからねえ。でも、日記は毎日書いてるんだよ」

 

健「え?そうだったの?ばあちゃんの日記見たい!」

 

夢「おもしろいか分からないけど、いいよ。でも、その前にラジオ聴かせてちょうだい」

 

健「うん、一緒に聴こう」

 

夢「ええ。楽しみだねえ」

 

今回ご紹介した文鮮明師のメッセージ

「私が堂々と生きて、堂々と最後を結ぶことは、ほかの何を得るよりも大きく、

ほかの何を失うよりも尊いのである」

 

~番組からのお知らせがあります~

50回放送を記念して、番組よりリスナーの皆様へのプレゼントを企画しました。

番組のご感想やメッセージを、お便りやメールでよせて頂いた方から、

抽選で50名様に1000円分の図書券と番組オリジナルポストカードをプレゼントいたします。

 

<宛先>

〒150-0031

 東京都渋谷区桜丘町2-9

 株式会社 創芸社 

 ラジオ番組プレゼント係

 

ふるってご応募ください!

Permanent link to this article: http://i-kazoku.net/201212041072